2009年12月15日

不敬の至り

 昨日の建設常任委員会では相模縦貫道路の開通が遅れるという新聞報道に関して県当局に対してもっと積極的に国に働きかけて予定通りの開通を実現するよう求めた。

 もちろん県当局者は「そうします。」と答えるのだが、そこでひとつたずねてみた。

長田・「ところで新政権が発足してから、地方の要望などは小沢幹事長が一括して受け付け、選別してしまう。ということになったようだが、今後神奈川県のこうした国への要望はどこへ持って行くのですか?」

当局者・「民主党の神奈川県連が窓口なのでお願いにうかがうことになる。」

 正直言ってびっくりしてしまいました。あまりに驚いたので「じゃぁここに民主党の議員さん方がいるからこの人たちにここで頼んでしまった方が早いじゃないか!」と叫んでしまった。ありえない。一政党の一地方組織が神奈川県総体の意見を受けるとか受けないとか、予算配分の実権を握ってしまうなんてことになったら県議会なんて成立しない。

 さて、話は変わります。
 
 中国の副主席を強引に天皇陛下に会見させた問題で小沢幹事長がキレた。天皇の国事行為は内閣の助言と承認でするんだから何が悪い!と言ってのけた。憲法も知らんのか?とも言って宮内庁の役人に辞任要求を突きつけたが、これほどまでの強権政治が許されて良いのか?
 私は言いたい。「あなたこそ日本語を勉強して来なさい。」と。憲法に規定されている言葉を読めば“助言”と書いてあるだろう。あなたたちにできるのはあくまでも助言なのだ。その助言に基づいて会見を実現したこと自体は良しとしよう。でもそのことを我が権限だ!と開き直ったらそれは皇室に対する不敬の至りだ。
posted by おさだ at 07:34| Comment(3) | TrackBack(1) | 政治