2010年01月31日

最近思うこと

 近頃の若いやつらは・・なんて言うと俺もすっかりオジンの仲間入りだが・・しかしそれにしても若者たちの“欲”の薄いことに世代の違いを感じずにいられない昨今だ。

 若者18、19の年頃になればクルマに乗りたい!女の子にモテたい!外国へ行ってみたい!様々な欲望が満ち満ちているものだと・・私の過去を振り返ればそう思うのだけど、当世若者たちはクルマの車種を知らない・・もとより興味が無く免許も取らなくなっているとか・・昔なら(なんて俺もオジンだなぁ・・)年収を上回るようなクルマを必死で手に入れ、なんとかローンを返済し、そういう意欲が経済成長の原動力になっていたと思うのだが。
 女の子に性的興味の薄い草食系男子が増え、若者に外国を旅しようなんて誘ったら現地のものが食べられないからとあっさり敬遠する。そういえばスマップなんていう、まさに男盛り(この表現自体相当死語・・)の人たちが「ナンバーワンにならなくてオンリーワンがいいよ。」と甘ったるい声で歌うのに私はとっても違和感を感じる。堕落とまでは言わないが・・・

 しかし、そんな日々雑感の中で最近考えなおすようにもなった。もしかすると、今の若者が本来の人間らしい普通の感覚に近くて・・明治維新からこっち旺盛な欲望に駆られて生きてきたこの百数十年ほどの私たちが異常だったのかも・・と。

 何が正しいか、どんな時代に生きたいかは各々の主観によったものだが・・、最近そんな気がしてならないのだ。ただ、俺はやっぱり若者の目がギラギラとした時代に生きたいなぁ。
posted by おさだ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治