2010年03月16日

鳩山邦夫氏の離党について

 わが国の国政の現状は鳩山氏のおっしゃる通り自民党でもない民主党でもない第三局結集への関心が高まっている。いやむしろ水面下では私などが知るよしもないほど進行している、と見て良いのではないか。

 確かに野党自民党が何を言っても「お前達の政権がこんなにしちまったんだろ!」と言われると下を向いてしまう。
 民主党連立政権も一番清潔でなければならない「政治とカネ」の問題で馬脚を現し、政策ごとに内閣の足並みが乱れ、できもしない公約の沼にもはや首まで浸かっている。

 過去の呪縛に縛られない、今を見て行動できる政治家に国民が新しいスタートを切って欲しいと思うのは当然だろう。

 しかし、軽挙妄動は避けたい。そもそも鳩山氏の離党は何回目?自民党→新進党→民主党→自民党→○○党・・・
 鳩山は自らを坂本竜馬になぞらえて今意気高揚だが、維新の志士の脱藩は一回きりぜよ!

 「お兄さんの鳩山総理には相談されたんですか!」というぶらさがり記者の質問にしばし応えが出ず・・・「留守電には入れときました。」と変な回答をしてしまったのが気になるところ。
posted by おさだ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治