2010年03月19日

幕引きはさせない

 県の不正経理に関する問題。県知事は1717人の職員を処分。自らの給料を1ヶ月だけ60%返納しこの問題の幕引きを図ろうとしている。しかし、私は地域の集会へ行っても演説会をしても夜の居酒屋でも必ずこの問題で市民の皆さんから厳しい批判を突きつけられている。
 1717人と数だけは多いがその処分の内容はいわば「注意をしました。」という程度の甘いもの。これで幕引きとするわけにはいかない。まして、不正な経理に加担した業者の側についてもまったくその内容が明らかにされていないのが現状。

 議会としては今日の本会議でこの問題に関する調査を行なう特別委員会を設置する方針だが、状況によっては曲折も考えられる。審議は深夜まで続く可能性が大。こんな日は宿泊に備えて下着とワイシャツをカバンに詰めて、今から登庁。
posted by おさだ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治