2010年04月16日

苦境・・

 私の住まう町内会。わずか100世帯ほどの、農家が中心の小さな町内に昔から小さな公民館がある。地元の人は“集会所”と呼んでいる。

 先日その町内会の総会がこの集会所で催された。

 冒頭で挨拶に立った町内会長さんが、挨拶の最後に付け加えるかたちで言う。「なお・・この度神奈川県では禁煙に関する厳しい条例が制定されまして・・この集会所は第一種施設と言うそうで、全面的に禁煙が義務付けられました。灰皿も全て処分しましたのでよろしくお願いします。」

 ワイシャツの胸ポケットを四角く膨らませたおじさんたちの視線が集まるのを感じる。

 やおらその胸ポケットのたばこを取り出し、テーブルの上に置いた長老が一言。

「しんちゃん、お前も賛成したのか?」

「はい。」

 その先のことは詳述を避けますが・・つまるところこの集会所は先祖代々みんなの寄付と努力で建てられ守られてきた。その集会所の中でたばこを吸おうが何をしようがなぜ県に指図されなきゃならねぇ!と。
 
 ここのところタバコで叱られ、不正経理でなじられ・・はたまた同僚の飲酒運転で軽蔑され・・ちょっとつらい日々が続いています。
posted by おさだ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治