2010年09月01日

私も小沢一郎と戦う

 私達自民党の若手が最も意識して排除しなければならないと常日頃考え、そして戦ってきた相手こそ“古い体質の自民党”というやつ。その古い自民党以上に古くて自民党的な政治家「小沢一郎」が下手をすればこの国の総理大臣になる。

 密室談合から一転一騎打ちとなった民主党代表選挙。自民党の私が口を出す話ではないが、来月の検察審査会の結果次第で刑事被告人になるかもしれない男が、総理大臣になろうと考えること自体破廉恥な行ないだと私は思う。

 しかも私達の地元神奈川13区の橘議員も、“小沢支持”だということが今日の神奈川新聞で報道されている。

 こんな出来事を機会に私は、私が戦うべき相手の像が徐々に画になりつつある。そう、私が戦うべき相手はまさに民主党の中に巣食う“古い体質の政治”ということだ。


訂正とお詫び
 上記の日記について、「私が戦う相手」ということで表記させて頂いた相原しほさんより、記事は間違いです。という書き込みを頂きました。9月1日付けの神奈川新聞の記事を元に私が同氏を小沢一郎支持と書きましたが、再度記事を確認した結果「相原史乃」さんの間違いでありました。お名前が似ていることからの誤認でありました。日記を訂正しお詫び申し上げます。
posted by おさだ at 08:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治