2010年09月04日

空蝉(うつせみ)

県庁を出て空を見上げると、一筋の飛行機雲が紺碧を貫いており・・。
s@_.JPG
 9月に入っても暑さが衰えをみせません。“残暑”なんて言葉が今年は意味を持たない。そんな気がしますね。
2.jpg

 花を見て、きれいだな・・なんて感じるようになったのはいつ頃からか?たぶんそんなに遠い過去ではないのでは・・・
 玄関先に抜け殻になった蝉が一匹転がっていて、つま先で蹴散らしてドアを開けたのは過去のこと。万葉人はこの抜け殻(空蝉)を人間そのものと見て歌に歌ったとか、つまり人もこの蝉の抜け殻のようにはかない存在ということか。
 源氏物語では空蝉という名の女性が光源氏の心をとりこにする・・
 歌手のさだまさしさんや一青窈さんも空蝉をテーマに曲を歌っていますね。どちらの曲も儚い。

 蝉の抜け殻一つでそんなことまで考えるのは、やはり秋がそこまで来ているということでしょうか・・・

 今日はこれから勝瀬で週末トーク。
 午後からはフリーなので・・・久しぶりに親友の家でも訪ねてみよう。

posted by おさだ at 07:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治