2010年09月14日

実績

 私の実績・・なんて言うつもりはありませんよぉ。そんな時代遅れな「俺がやった!あれもやった。」と威張るような政治家は格好悪いと思うから。

 しかしそれにしても、俺がやった (笑) いやいやそんなわけではないのだけれど・・
 
 2年前の一般質問から取り組み始めた課題でした。不幸にして犯罪に手を染め、刑務所に服役した人にとって、刑務所から出所後の生活や世間の風当たりは厳しく、ホームレスになるなど生活もままならない中でむしろ“刑務所の中の方が安住できる”という思いで再犯を繰り返す“累犯者”が多いこと、そしてそれらの多くには知的、身体、精神など何らかの障害を抱えた人も多いことから、司直より以前に福祉の手をしっかりと差し伸べるべきだということを指摘し県の対応を求めました。

 このいわゆる更生保護の分野は法務省が管轄し、保護司の皆さんなどが取り組んでいる行政でありいわば国が所管する行政。また生活保護やホームレスの皆さんへの対応は市町村です・・・と、これまでこの分野についての県行政のかかわりは無く、2年前の一般質問で県はその必要は認めるものの、直前まで答弁する部局が見つからないなど、一般質問での議論は噛み合いませんでした。

 その後委員会の質疑などでもこの問題を取り上げて来ましたが、ついに神奈川県では刑務所などを出た人たちの中で障害を持つ人などのために就職を斡旋したり、生活の手助けをする施設を作るため、補正予算を計上し、昨日の議会で議案が提案されました!これを実績と言わずしてなんとする!たまたま偶然?かもしれませんが、少なくともこの3年半この問題を取り上げた県議会議員がいた記憶は無い。

 事前の情報は得ていたものの、実際の説明を聞いて“ついにやった”という実感がこみ上げて来ました。

 まだまだ具体的なこことは決まっていないことが多々。これから充実したものとできるよう、議員としてのライフワークの一つにして行きたい課題です。

 ちなみに私がこの問題に取り組もうと思ったキッカケとなった一冊の本があります。
 『累犯障害者』(山本譲司著。新潮社)
 是非読んでみてください。そく衝撃に胸打たれます。解説は↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AF%E7%8A%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85
posted by おさだ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治