2010年11月06日

流出

 いよいよこの国は危険水域まで来ている。尖閣のビデオ流出には正直言って衝撃を受けた。
 色々な主張、各々の立場、事の是非といったことは別として、政府や司法の場で保管されている重要機密が何者かによって全世界に暴露させられてしてしまう国、ニッポン。この恥をなんと捉えよう?

 みんな他人事としか思っていないんだろうなぁ・・と思ったのはテレビニュースでの司会者のコメント。「今もインターネット上でビデオの流出が続いています。これは問題ですねぇ。」って、あなた今テレビでそのビデオを流しておいて何言ってるの!と、空いた口がふさがらない・・・。

 これは国民全体の問題。
 ここまで来たら、私のような者も民主党政権がダメだとかマスコミがいけないとか言って批判していないで本当にみんなで力を合わせて国を立て直そうという気にならなければ、この国は終わってしまうのではないか。少なくともこうした事件を国内での対立のために利用してはいけない。

 そう、思うのだがいかがだろうか。
posted by おさだ at 08:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 日々雑感