2010年11月27日

熊本にて

野菜工場2.jpg 昨日まで県議会の視察で九州方面に出かけておりました。
 地産地消で地場の野菜を農家から直接買い上げ、大規模に展開しているレストランチェーンの取り組みや、わが国にも4社しかない人間型のロボットを製作する企業など色々なものを見学させてもらいましたが、中でも印象に深かったのが熊本は阿蘇で見た野菜工場の様子です。
野菜工場1.jpg
 様々な野菜を人口の光で育てる取り組みはもとより、大規模なビニールハウスの中では水耕栽培によって新鮮な野菜が365日休むことなく量産されていました。

 日本の農業はどうなってしまうのだろう?TPPの問題など腕組みをしたくなるような課題が多いのも現実ですが、こうやって頑張っている農業もあるんですね。

 昨日はその熊本から帰って真っ直ぐ、市内で行なわれたトラック協会(運送業の皆様の団体)の忘年会に出席し、続いて休む間もなく市役所で開催された永池川の改修計画の説明会に参加しました。そして今日は午後2時から国分コミセンにて週末トーク・・この一週間は結構ハードスケジュールです。
posted by おさだ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感