2011年03月07日

潔いとは思うが・・

 外国人からの違法献金問題で前原外相が辞任したそうだが、なんとも惜しい話だと思う。
 どんな法であれ法は法だからそれを破れば辞任も仕方が無い、まして外相という立場では。

 しかし、献金した人のことを思うといたたまれない気持ちにもなる。きっとその人は自分がしたこと(献金)を心から悔やみ自分を責めてもいることだろう。在日韓国人の方という報道もあるが、献金した人がその「外国人は献金してはいけない。」という法があることを知らなくても仕方が無い。実は私も知らなかった。
 そして受け取る方もそれを一人一人確認することはなかなかできないし、実際にそういう作業をしているという政治家を見たことがない。

 こうしたことでまた一人出色の政治家が表舞台から姿を消すのは本当に残念でならない。そして何より・・・たぶん調べれば前原氏だけでなく、与野党問わず同じミスを犯している政治家は他にもいるのではないか?

 泥仕合にならなければ良いが・・・。

追記・・一部報道によれば前原氏が日朝協議の再開に意欲を示し、米韓両国から不信をかうなど北朝鮮寄りの外交姿勢があったと報じられている。こうしたことが事実で、そこに前原氏の意図的なものがあったとするならば今回の問題は国民に対する大変な裏切りにもなる可能性もまたある。
posted by おさだ at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感