2011年04月21日

被災地にお酒を送る。

 大震災の被災地にお酒を送ろうという活動をしているボランティアグループがあり、私も自宅にあった日本酒やウィスキーを何本か協力させて頂いた。
 確かにお酒も飲みたいだろうなぁ・・しかし救援物資に酒は無いのだろう。もちろん「お酒が欲しい。」とリクエストもしにくいのだろう。ボランティアの一人はそのお酒を届けた際にことのほか喜ばれたことと、「いくらですか?」と聞かれて驚いた体験を語っていた。年配の女性がご主人のために・・と、大切そうに一升瓶を抱えて帰る姿が印象的だったとも。

 被災地のニーズは日々刻々と変化する。政府や自治体にはそのニーズの変化をしっかりと記録しておいて頂きたい。次のためにも・・。
ばら.jpg

昨日は門沢橋のバラ園へ選挙の報告に伺いました。
posted by おさだ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感