2011年07月04日

日曜日

7月最初の日曜日の昨日は、海老名市の総合体育大会の開会式に参加したり・・・・
市総体.JPG
本郷神社で行なわれる「蝗除祭」という神事に参加したり、いよいよ夏本番だなぁと感じる一日。こうした自分の暮らす地域の毎度繰り返される日常が何よりの幸せ・・・その日常を奪われた東北の被災地の、つい前日の風景がついつい脳裏をよぎります。
虫おくり.JPG
就任直後から不遜な態度が批判されている松本何とかという震災復興担当大臣が宮城県知事に対して「政府に甘えるところは甘えていい。こっちも突き放すところは突き放す。」と言ったと今朝の朝一のネットニュースが報じています。

 甘えるとか突き放すとかといった問題じゃないだろ!そのまるで上からの目線が大間違い。国と地方自治体は対等な関係であるというこの国の最も初歩的な政治認識に欠けた人間に復興が任せられるわけがない。

 復興するまで剃れないと言って伸ばしたヒゲ面で陣頭指揮にあたっていた、あの雲仙普賢岳が噴火した際の鐘ヶ江市長の姿を思い出します。復興に魂の全てを捧げ、力尽きるように逝ったあの人は今の政治をどんな思いで見つめていることか。


※蝗除祭は別名「虫送りの祭」と言われ、一年の半分が終わった頃それまでの罪汚れを祓い、田植えの終えた田んぼにイナゴなどの害虫がやってこないように願い、今年の豊作を祈願する神事です。神職から除蝗神符というお札が農家に配られ、このお札を竹の棒に挟んで田畑に立てます。そんな様子見たことありませんか?
posted by おさだ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年07月02日

福島へ

 昨日の議会が終わったあと上野からひとり夜の特急列車に乗り福島へ。神奈川県から派遣され港の復旧作業に一ヶ月交代で従事している職員を激励し、生の話を聞き、今帰宅しました。

 今はとても疲れたのでまた追って内容は報告したいと思います。


 被災地でのボランティア活動も一時の熱が冷めたように人手が少なくなってきているという話をラジオで聞きました。
 私が行った地域では流された家々や家財、車などかなり片付けが進んでいましたが、これも地域によったもののようです。復興はまだまだこれから・・息の永い支援ができたら・・・
posted by おさだ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2011年07月01日

夏到来

 今年ももう半分終わってしまい、今日から7月ですね。今日は片瀬や材木座などの海水浴場で海開きとなります。

 一昨日の電力使用量が93%に達し、友人の一人はカウンターに座りながら寿司屋のネタケースを見つめて計画停電もあるのか?と心配しておりましたが・・つまりネタのことが心配だったのでしょうねぇ・・。私はこの夏計画停電なんてことになればダレが悪いとか悪くないとかということは別として日本人の敗北だ、とそんな風に思っています。

 ただ、93%は一昨日時点での発電量に対する使用量で、明日7月2日には鹿島の火力発電60万kwの修理が終了し、7月上旬には川崎50万kwも修理終了、そして横須賀35万kwが再稼働するなど真夏に向けて供給体制も上がってきますのでむしろ過度な節電で熱中症などの被害にあわないよう特にお年寄りや子どもには注意してあげて下さい。

 昨日の悪臭の件。
 今日担当課長が事態の報告にやってきます。

posted by おさだ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感