2011年07月04日

絶対に許さない

夜になって松本龍の発言をテレビの映像で見ました。

だれがなんと言おうと俺は松本龍だけは絶対に許さない。

目から血が出るほどくやしい。

この手に我が命と引き換えにできる生殺与奪の刀剣があるならば・・そう思うくらいに許せない。


私が絶対に許せない松本復興相の発言内容
posted by おさだ at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感

日曜日

7月最初の日曜日の昨日は、海老名市の総合体育大会の開会式に参加したり・・・・
市総体.JPG
本郷神社で行なわれる「蝗除祭」という神事に参加したり、いよいよ夏本番だなぁと感じる一日。こうした自分の暮らす地域の毎度繰り返される日常が何よりの幸せ・・・その日常を奪われた東北の被災地の、つい前日の風景がついつい脳裏をよぎります。
虫おくり.JPG
就任直後から不遜な態度が批判されている松本何とかという震災復興担当大臣が宮城県知事に対して「政府に甘えるところは甘えていい。こっちも突き放すところは突き放す。」と言ったと今朝の朝一のネットニュースが報じています。

 甘えるとか突き放すとかといった問題じゃないだろ!そのまるで上からの目線が大間違い。国と地方自治体は対等な関係であるというこの国の最も初歩的な政治認識に欠けた人間に復興が任せられるわけがない。

 復興するまで剃れないと言って伸ばしたヒゲ面で陣頭指揮にあたっていた、あの雲仙普賢岳が噴火した際の鐘ヶ江市長の姿を思い出します。復興に魂の全てを捧げ、力尽きるように逝ったあの人は今の政治をどんな思いで見つめていることか。


※蝗除祭は別名「虫送りの祭」と言われ、一年の半分が終わった頃それまでの罪汚れを祓い、田植えの終えた田んぼにイナゴなどの害虫がやってこないように願い、今年の豊作を祈願する神事です。神職から除蝗神符というお札が農家に配られ、このお札を竹の棒に挟んで田畑に立てます。そんな様子見たことありませんか?
posted by おさだ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感