2011年07月27日

危機管理

 東北の被災地などでは「自衛官になりたい。」と言う子どもが増えているとテレビニュースが報じています。
自衛官.jpg
 昨日は海上自衛官の皆さんと懇談する場に恵まれました。色々な話を伺いましたが、私たちの国が大震災にみまわれ、23万人の自衛官のうち10万が被災地に入っているさ中にも中国による東シナ海への侵略的な行動は激しさを増しているとのこと。また、北ではロシアによる公然とした偵察行動が行なわれる等々わが国の安全は近年になく厳しい局面を迎えているとのことです。

 考えてみれば中国という国は、大事故を起こした新幹線の車輌を近くに穴を掘って埋めてしまうような国。私たちは北朝鮮も含め油断ならない国々と隣国関係にあることを再認識しなければなりません。
posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感