2011年08月23日

市町村ヒアリング

 来年度の神奈川県予算の編成に向けて県内各市町村の意見をお聞きする「市町村ヒアリング」が昨日から始まりました。

 昨日は県央の海老名を始め厚木、大和、座間、綾瀬、そして愛川、清川の各市町村長さんとそれぞれ45分ずつ懇談し要望をお聞きしました。

 道路の渋滞、膨張する生活保護、削減される障害施策・・・。それはそれは多岐にわたる要望がありますが、とりわけこの地域で共通する課題が医療(病院)と医師と看護師の不足問題。
 座間市などは救急医療の多くを厚木や大和に頼っている現状の中、自らのまちに大型の総合病院建設を最大の行政課題としていますが・・・現在の国の制度(医療圏という考え方)では、市立病院を持つ厚木や大和などと同一エリア(県央)ととらえられ、このエリアの病床数は過剰なほどにあるから病院は作らせません。ということになってしまう問題があり、制度の改善を国に求めていくことにしたいと思います。

 そんな中、厚木の市長さんとの懇談で私が「七沢の県立脳血管センター(七沢病院)が事実上廃止になる問題について地元としてはどうとらえていますか?」とお聞きしたところ市長は「初耳だ。事実だとすれば大問題。」と・・・。

 こんなに重大な問題を地元の行政にも伝えずに実行しようとしている県の姿勢に改めて憤りを感じます。これから議会として取り上げていかなければなりません。もちろん私がやります。

 さて、ここのところ急激に気温が下がっていますが風邪をひいたりしていませんか?わが家の庭に何年か前に植えたブドウが今年はたわわに稔っています。
ぶどう.jpg
 気が付けばもう秋ですね。
posted by おさだ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感