2011年11月14日

選挙結果

 深夜になって市議選の結果が出ました。総体として無所属の新人が勢いを見せて上位中位で当選し、いわゆる保守系の現職が手堅い戦い。一方民主党は三人を擁立したが現職の二人が落選し元日教組、神奈川ネットなど党派系の候補が落選。共産党も改選前の3議席を2候補に絞ったものの下位に低迷するなど、かなり特徴的な結果が出ました。

 市長選では得票率にして53対47のかなり拮抗した結果となり、当選した現職はこの結果をどのように受け止めて三期目の市政運営を行なっていくのか、市民の関心が集まる4年となるでしょう。

 努めて冷静に日記を書きたいと思うのですが、市議選でも大切な同志を失うなど、やはり選挙の悲哀にはいつも打ちのめされ、昨夜も浅い眠りに悩まされました。

 それから、この選挙で共産党から重田さんと志村さんのベテランお二人が勇退されました。ご両人とは思想の違う私ですが、実に共産党らしい共産党議員のお二人がそろって海老名の政界からいなくなることを寂しく思っています。何より政治家の姿勢として、常に質素に徹し、どんな住民相談にも真摯に向き合い、在野の精神でアンチテーゼを貫く姿には思想を超えた敬意を感じていました。

 以上です。

 
posted by おさだ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感