2011年12月14日

知事一献

 昨日は黒岩知事と一献酌み交わす機会を得ました。

 細かなことはさておいて、明日から神奈川県による独自接種の始まる不活化ポリオワクチンの事について率直に知事に申し上げました。

「私は今回の不活化ポリオワクチンについて、知事が厚生労働省と対決して県が独自に接種を始めるとしたことについて、その記事を読んだときに、これは知事の政治的なパフォーマンスだと思い怒りを感じました。」と。
 そして「ことさらに国との戦いの構図を演出して県民の関心を買おうとするようなことはいけないとも思いました。」と。

 これに対する知事の反応は、知事の許可を得たわけではないので記述しませんが、「それは誤解だ。」という旨の話を分かりやすくされました。

 続けて私は
「しかし、とことんやり抜くと決め、いよいよ明後日から接種が始まる以上、議会と知事が見解を異にしていては県民を不安にさせるだけ。今は議会としてもこれは応援すべきことだと考えています。ただ、そのために万が一の副反応に対する充分な補償と、接種を希望する全ての人に対応できる体制の整備は不可欠です。」

 そんな会話をさせて頂きました。議員とはいえ、知事と相対でハラを割って話せる機会などそうはありませんので、とても良い機会でありました。
posted by おさだ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感