2011年12月15日

年末諸事情

 神奈川県では知事の掲げるソーラーシステムがいよいよ具体化し、県民が初期費用を負担せずに太陽光発電を自宅の屋根などに設置できる制度の概要が見えてきました。当初は金融機関が資金を貸し付け、発電による余剰電気を売ったお金でこれを10年程度で返し終える。大まかにそういった仕組みを提案する企業集団が12グループ、昨日までに出そろいました。これから大いに県民の皆さんにこの制度が広まることを期待したいと思います。

 海老名では・・市の福祉施設のポストに現金が置かれる出来事が続き、合計で72万円になったと報道されています。昨年のタイガーマスク現象もなんだか遠い出来事のような気のする辛い一年でしたが、年の瀬に心温まるニュースが届いて良かったですね。

 そうそう海老名と言えば・・サービスエリア。東名高速上り線の海老名S.Aはリニューアル工事が終了し、多くの魅力あるテナントが入った一大ショッピングゾーンとして営業を始めました。年末年始は大いに賑わいそうですね。

 議会も20日の閉会までいよいよ押し詰まってきました。
 今日は環境農政常任委員会の採決日。襟元にマフラーを巻いて行って来ます。
マフラー.jpg
posted by おさだ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感