2011年12月24日

映画

 昨日は休みを頂いて映画を観てきました。

 ちょうど昨日から封切られていたお正月映画「連合艦隊長官山本五十六」。ミッションインポッシブルと・・どっちにしようか迷ったんですけどね(笑)。

 しかし、良かったですよ。役所広司の演技がとても良かった。坂東三津五郎はもとより安部寛や椎名桔平など豪華キャストたちもいい味出してましたね。大半の場面でカメラは五十六の姿を追い、戦闘シーンにはあまりボリュウムをつけず、おもしろいと思ったのは米国人が出てこないこと、これで本当に日本人の側からの戦争というものを浮き彫りにしている気がします。

 「始めた戦を終わらせるのは軍人にとって最も大事な仕事です。」だったかな・・そして軍は戦(いくさ)を避けるためにあるとも。米国との開戦にとことん反対するが、いざ開戦となれば勇猛果敢に戦い早期講和を求めた山本五十六の思想に共鳴する人は今も多いのではないでしょうか。

お知らせ・・
 このほど海老名の街づくりを応援する意味で食に関するブログを二本立ち上げました。是非のぞいてみて下さい。

http://www.osadashinji.com/
posted by おさだ at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感