2012年02月10日

新年度予算

 黒岩知事就任後初の当初予算編成となった平成24年度予算案が昨日正式に発表されました。ざっと900億円の財源不足が予想される中4年ぶりに前年対比でマイナスになる予算案となりましたが、その中で何とか黒岩カラーを出そうと苦心された形跡は多々見られます。
 医療や太陽光、防災など多岐に渡って新規事業が立ちあげられ予算付けされているものの、「いのちの授業」「ビッグレスキュー」「かながわ国際ファンクラブ」「医食農同源」などなど刺激的なネーミングが並ぶわりに個々の予算額は数百万円程度と少額なものが多く、900万県民を対象とした事業としては多くの成果が期待できるものではないでしょう。ただ、あれもこれも何とか最初の頭出しをしたいという知事の思いが、ファミリーレストランのメニューのような予算案を作り上げたという印象か・・・。

 海老名市内では

1・海老名インターチェンジから北へ向かう都市計画道路下今泉門沢橋線の具体的な整備事業に着手する予算が組まれました。
2・海老名養護学校の開校に向けて設計の予算が組まれました。
3・永池川の自然型整備に向けて用地の測量などを行う事業が進みます。
4・相模縦貫道路が相模原インターチェンジまで開通します。(八王子までは来年)
5・障害者の歯科診療を行うための診療ユニットを国の予算を活用して買います。

 などなど・・・また時宜を得ながら個別に報告させていただきます。


posted by おさだ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感