2012年03月02日

LEDも良いけれど・・・

 神奈川県では県所有施設の照明をLEDに替えることで節電と経費の節減を図ります。来年度は24時間稼動していて電気の消費量が多い神奈川県警本部の建物全体をLED化しますが、これだけで年間1600万円の電気料金節減になるとか・・・これからも順次県立病院や高校などの照明を切り替えていきますが・・。

 そこで、昨日の環境農政常任委員会で手を挙げて質問してみました。

 「取り外した蛍光灯はどうするの?まだ使えるだろうしもったいないけど・・・」

 県当局は特にそのことは考えていなかった様子なので、無駄にならないよう取り外した蛍光灯は他の施設で使うなど県有施設全体で最後まで使い切るようにしましょうと提案しました。

 ちゃんとチェックしないとさ、業者任せで廃棄してしまいかねないし、来年もちゃんとやっているか確認のために質問しますぞ、課長さん。

 ちなみに県有施設全体で使用している蛍光灯の数はおおよそ59万本だとか(汗)。一本の蛍光灯の寿命が10年としても毎年6万本近く新しいのを買ってる計算か・・。切り替えではずした蛍光灯をこれに充てれば更なる経費節減にもなる。
posted by おさだ at 07:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感