2012年03月18日

街頭演説

 思ったより全国的な大きな動きになってきた、震災がれきの受け入れ処理。

 先日の日記にも書きましたが、私が甘利代議士に「全国の自治体ががれきの受け入れができるように国がしっかりサポートすべきだ。」と訴えたことがきっかけとなり、自民党の谷垣総裁と野田総理の党首討論でこの問題が取り上げられました。(ホントなんですよ。)
 と言うより、たぶん歩み寄りを模索する両者にとってこの問題は意見を一致させるにはとても良い題材だったということかもしれませんが・・。

 なにはともあれ甘利代議士に言わせれば「がれきの広域処理について政府が動き出すきっかけを作ったのが長田県議です!」って。いやはや本当ならこんなに光栄なことはありませんが・・リップサービスかな・・。
がれき駅頭.jpg
 そして訴えるべきことは街頭へ出て。ということで昨日は甘利代議士と海老名の駅前で演説をしました。(寒かった!)内容は「全国自治体が被災地のがれきを受け入れ、1年でがれきを無くそう!」の一本。

 国政・県政、昨日はなかなかいい感じのコラボレートができました。
posted by おさだ at 07:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感