2012年07月30日

勝って驕らず

 オリンピックが始まりましたね。私はダメなんですよ、観れない。日本選手がまさかの敗退なんて場面を観てしまうとガッカリが強すぎちゃって精神的にダメなんです。

 「国威発揚」子どもの頃、社会科の授業でかつてのオリンピックのことをそんなふうに教えられました。先生はむしろ平和の祭典を国づくりや愛国心の高揚に使った悪いこと、というようなニュアンスで私たちに教えた気がします。

 今となれば国威発揚も大いに結構なことなのですが、私はむしろ日本人にとってオリンピックはお国柄を世界にアピールする場であって欲しいとかねがね思っています。
 私たちの国はかつて武士道をもって国を治めた永い歴史を持ち、それは単に武道ではなく、国を治める自治システムでありました。国民が等しく礼を重んじ、勝負ごとでは勝って驕(おご)らず、敗者に対して惻隠の情を持つ。負けて言い訳せず、勝者を称え、敗因は全て自らに帰結する。まかり間違っても審判の判定を不服とすることなく、たとえルールが許すとも卑怯な手や大げさなアピールで自分を正当化しようとしたりはしない。

 メダルの数ではなく、勝負に対する日本人の態度こそが称えられるお国柄であって欲しい。

 そうそう余談ながら日本選手団、閉会式には和装で参加してくれないかなぁ・・。
posted by おさだ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感