2012年09月20日

総裁選挙公開討論会

 昨日は自民党本部で行なわれた総裁選挙の公開討論会に参加して参りました。町村候補は体調不良のため入院されたそうであいにくの不参加でしたが、他の四氏による舌戦は実に、見応え、聞き応えのあるもので、会場は熱気に満ちていました。
sousaisen-touronkai.JPG
 個々の候補者に対する評価は避けたいと思いますが、この人たちのうちのだれかが、やがて総理大臣になり、ここで言ったことをしっかり実行してくれれば、必ず日本は良くなる。そう実感することはできました。だれがやるか、ということも大事ですが、だれがなっても足の引っ張り合いをせず、みんなで協力する環境を作ること、それが日本再生の第一歩です。

 で、ついてはだれが、この中でどの人が選ばれたらそうした雰囲気が作れるのか?私はそれが総裁選びの基準だと思っています。

 勝負のカギを握るのは地方票300。
posted by おさだ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感