2012年10月30日

県政こぼれ話・・2つ

 決算特別委員会が連日開催されています。県行政の一つ一つの局に対して委員が様々な角度から質疑をします。まぁ・・自分の出番の無い日に朝から晩までそれをじっと聞いているのはなかなかしんどい仕事なのですが・・・

 そんな中で“えっ”と思うような話が飛び出すことも・・・

その1・・水漏れ22億円。
 皆さんに水道水をお届けする県の企業庁によれば、送水管や配水管などのいわゆる水道管のあちこちから水がもれてしまう漏水の全量は、水道料金に換算すると年間22億6千万円!!
 なにしろ地下でおきている漏水ですから場所が分かりにくい・・企業庁では最新機器を導入して水漏れ箇所を特定し、修理に努めているとか・・。

その2・・信号機の電気代
 神奈川県警の話によれば、県内全域に設置されている車輌用や歩行者用の信号機にかかる電気代は年間およそ3億6千万円。今後東電による電気料金の値上げでその額は5億2千万円に跳ね上がるとのこと・・・。今後は信号機のLED化を進めて電気料金の低減に努める方針。

 以上、県政こぼれ話でした。
posted by おさだ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感