2012年12月02日

感極まって

 昨日の演説会では、感極まってしまって選対本部長としての私のあいさつはめちゃくちゃになってしまった。

 甘利明の演説が中盤に差し掛かる頃、客席に座っていた高齢の女性が倒れ、救急車を呼ぶ事態に。

 幸い意識もあり、大事には至りませんでしたが・・・聞けば昨日の寒いなか、風邪気味をおして朝から甘利のピーアール活動に参加して下さり、夜の演説会にはご主人に付き添ってもらいながらの参加であったと。

「朝、血圧が高かったから心配してたんだよ・・・。」と足もとも頼りなく救急車に乗り込むご主人。

 演説会の最後にスピーチに立った私でしたが、その話を聞いてしまったらなんだか申し訳ないやらありがたいやら・・・情けない話で申し訳ありませんが、感極まって言葉が出ず涙が出てしまう始末。本部長の私が連日陣営に激を飛ばし、あれもやれ!これもやれ!と厳しい要求をするので、彼女の負担になってしまったのかも知れない。そう思うと、やっぱり申し訳なくて・・。

 こんなに一生懸命応援してくれる皆さんのためにもなんとしてもこの戦いに勝ち、甘利に良い国づくりをさせなければなりません。支援者の皆さん、連日連夜本当にありがとうございます。
posted by おさだ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感