2013年01月09日

インプットとアウトプット

 新年会への参加が続きます。昨日は不動産業界の新年会その他。
takken.JPG
「政治家が盆踊り回りばかりしてていいんですか?」と大阪の橋下さんは言い、それはある意味いいところ突いた発言だったし、私も常にそうした考察を抱えながらもやはり、地元まわりは熱心に続けている。

 例えば昨日の不動産業界では、“不動産取得税の減免”という要望がたくさんの人から寄せられる。減税で家や土地などの不動産の取引を活性化すれば、それに付随して家具や家電が売れ、景気の活性化につながるという意見。今、経済再生を至上命題とする自民党政権にこれを期待したいということ。
 ついでに神奈川県に対しては高額な水道加入金の減免、市町村に対しては公道のセットバックなど、こうした場面で政治家に寄せられる提言は多種多様。

 老人会の席では医療費、スポーツ団体では体育施設の整備、PTAの会合に行けば・・・と様々な人たちがこうした団体の活動を通じて社会づくりに参画し、そこで行政や政治に様々な要望が発生する。

 我々政治に携わる者はその意見により多く触れる機会を設け、そこで情報をインプットすることがとても大事な仕事でもある。そして議会でいかにこの情報を整理してアウトプットできるか。

 今日は生活協同組合と商工会議所、明日は・・・と新年会回りは続きます。心配なのはフトコロと胃袋・・。
posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感