2013年02月14日

朝鮮学校経常費補助金計上せず。

 昨日、黒岩知事が朝鮮学校への経常費補助金を新年度予算案に計上しないことにした。と、記者会見を行なった。

 これまで同学校では北朝鮮による日本人拉致問題について生徒に教えていないなどの問題で、県からの補助を凍結すべきだ、などの議論があったが、松沢前知事時代から紆余曲折を経て補助を実施してきた経緯があり、黒岩知事も先日まで補助を行なう方針でいた。しかし、一昨日の北朝鮮による核実験強行により、「これでは県民の理解を得られない。」として補助しない方針を打ち出したもの。

 国家の愚行に朝鮮学校の子ども達が翻弄されることになるわけだが、言うまでも無く子ども達自身に罪は無い。

 拉致、ミサイル、核、貧困、政治犯などに対する非人道的な虐待。全ては北朝鮮政府が承知のうえで起こしている問題であり、その報いである。このどうしようもない国に、いつまでもずるずると交渉と援助の機会を与えることこそ国民は支持しない。今こそ民主国家である日米韓が共同して蛮行を許さない毅然とした態度で臨むべきだ。

 その上で、私たちも気持ちよく朝鮮学校を学校として認め、生徒達の成長を見守れる日が来ることを願ってやまない。
 
posted by おさだ at 08:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感