2013年02月28日

ゆるキャラ「金太郎」

本会議場で一日5人の一般質問を聴くのはかなりしんどいです・・・が、知事始め答弁する側はもっともっと大変なんだろぅなぁ・・・。

 国が大型補正予算を組み、私たちの神奈川にもお金が来る。それで危険なトンネルを補修したり、雇用を増やすための事業をしたり、福祉の基盤を整備したりする。
 しかし、国はその費用の全額を出してくれるわけではなく、何割かは神奈川県が出しなさいよ、と来る。これを一般にひも付き予算と言うが、その結果、総額約281億円の補正予算を組んだ神奈川県はそのうちの約130億円を借金で賄うこととなった。
 
 そんな話だから当初地方自治体は「いくら国がお金をよこすと言っても我々の負担も増えるから、そんなにたくさんはお付き合いできませんよ。」という態度であった。

 しかし、景気対策としてインパクトを得るためにはそれなりの大型予算にしたい国は「借金の返済分はあとで国が負担してあげますから、ここは何とか思い切って公共事業を増やしてください。」と来た。今後、毎年の借金返済分を地方交付税というやつの勘定に入れてくれるのだが、これを俗に「裏負担」と言う。

 まぁそれで神奈川の場合は281億円に落ち着いたわけだが、問題は本当に国は負担してくれるのか?ということ。金が無いのに財政力があるとされている神奈川の場合は、そもそもその交付税というお金が国からあまりやってこない仕組みになっているから・・。
 もっともこの補正の経済効果が出て企業の収益が上がれば、県の税収はそれ以上に上がることになるのだが・・。

 今回の予算委員会ではそのあたりのことについて質問して行きたいと思っている。

 今日はちょっとお堅い話でしたので、最後に神奈川のゆるキャラをご紹介。
kintarou.JPG
 ズバリそのもの「金太郎」です。
 全国のゆるキャラの中でも知名度バツグン!
 でも認知度・・ほぼ無し(泣)
「もっと金太郎を活用せよ!」と昨日一般質問に立った自民党の柳下議員に応えて議会に登場しました。
posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感