2013年04月12日

最近読んだ本

 村上春樹の新作が今日から発売だそうで話題になっていますが、今日私のお奨めは2月に刊行された浅田次郎の新作「一路」。早速ドラマ化されているようですが、「おもしろくなければ小説じゃない。」と言う浅田氏の言う通りおもしろい小説です。

 舞台は江戸末期。美濃の国から江戸へ中仙道をゆく参勤交代でのドタバタ劇は笑いあり、涙あり、お家騒動あり・・。詳しくは書きませんが、まぁ予定調和とでも言いますか、若干話がうまくでき過ぎている感は否めませんが、それを差し引き、肩肘はらずに読めば実に面白い、久々このブログでお奨めできる上下刊でした。
DCIM0451.JPG
posted by おさだ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感