2013年06月25日

ネット選挙(運動)の危険

 来月の参議院選挙はインターネット選挙運動が解禁される最初の選挙ということで注目されること必定。しかし、充分な知識や準備も無しに下手にネットに手を出すのはやめた方がいいと、私は党の仲間にくどいほど言って回っているが・・もはやブレーキは利きそうも無い。

 おそらく、それは各党各選対とも似たような状況だろう。

 今朝のニュースではインターネットのブログで病院を「ここは刑務所か」と書き込み、相次ぐ批判でブログが“炎上”状態となった岩手県議会の小泉光男県議(56)が岩手県内で死亡しているのが見つかったと言う。
 安易な書き込みをしたことも、炎上したことも、テレビに取り上げられて批判されたことも、そして自殺という最悪の結末も全て嘆かわしい出来事だけれども、公人やそれを目指す人は決して他人ごとではないと思わなければならない。
posted by おさだ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感