2013年07月05日

参院選公示

 血・・でしょうね。
 なんだかんだ言っても選挙が始まると熱くなってしまう。
simamura.JPG
 下位でもいいから4人区の神奈川選挙区では自民党の島村大と公明党の佐々木さやかを当選させて、衆参のネジレを解消しなければなりません。

 毎年毎年首相が替わるような政治から卒業し、安定した政権の中で外交も経済も力強く前進できるニッポンにしなければなりません。
posted by おさだ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年07月04日

参院選前夜

 昨日は議会も終わり、明日から参院選開始という狭間の一日。風邪ぎみなこともあり、少し休もうか・・・なんて思っていましたが。

 町田市の商工会議所の方たちが海老名のまちづくりについて視察に見えているという連絡。ビナウォーク、西口開発、泉橋酒造、そして喰の道場・・・。視察団のメンバーの一人でもある先輩から喰の道場では懇親会もあるのでそこへ来て海老名の道路や鉄道などについて話して欲しい、という要請がありましたので急きょ資料を作って参加して来ました。

 その資料。私がエンピツで下書きしたものを事務所のスタッフAがイラストレーターで上手に作図してくれました。なかなか良くできているのでご覧下さい。

海老名をとりまく交通ポテンシャル.pdf

 いよいよ今日から参院選公示。今日は日本大通りで一発うなって来ます。
posted by おさだ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年07月03日

引退のあいさつ

 昨日県議会最終日。今月末の任期満了をもって参議院議員を引退する、川口順子参議院議員が議会に来訪され、お礼のあいさつをされて行きました。
DCIM0756.JPG
 東大出身のエリート官僚からサントリーの常務へ。そして森内閣、小泉内閣に見出され、民間閣僚として入閣するなど、官、民、政の世界で活躍されました。
 決して驕り昂ぶらず、柔和な笑みの中に強い信念を携えた方。というのが私の川口さんに対する印象。まだまだやり残したことはあるとご本人も申されていましたが、自民党の70歳定年制の中で「それを押してまで政界に残ることはできません。」とお話されていました。

 本当にお疲れ様でした。

 第二回定例会も無事に終わりました。議員提出条例案の「再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例」案も全会一致で可決成立し充実した定例会であったかなと思っています。
DCIM0755.JPG
 事務所から議会へ向かうため、海老名駅を目指して歩く道すがら、いわゆる耕作放棄地を見かけることが多くなりました。明日から始まる参院選ではTPPで世界の競争にさらされる日本の農業をどうやって育成して行くか?が大きな争点となります。ただでさえ狭い日本の田畑をいかにフル活用できる制度にしていくか、大きな課題ですね。
posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年07月02日

神奈川県視覚障害福祉大会

 一昨日、小田原の地で神奈川県視覚障害福祉大会が開催され、県内各地から視覚に障害をお持ちの方たちや関係者の皆さんが集まり、交流や研修が行なわれました。
sikaku.JPG
 開会前に会長さんと名刺交換をしたのですが、私の名刺に点字が入っているのをすごく喜んで下さいました。

 今回の大会は招待を受けていた県議会議長が所用で出席できないため、厚生常任委員長の私が代理して参加したのですが・・・議会ってのは冷たいところで、自分で車を運転してえっちらほっちら小田原まで行き・・自前で弁当食べて大会を勤め上げて帰ってきても「お疲れさん」の一言もねぇんだよなぁ・・まぁ、いいか!(笑)その分大会を通じて知り合った方や得た知識がご褒美だよねぇ。

 さぁ、今日は第二回定例議会の会期末。以前書きましたが、薬局で医薬品を販売する登録販売員の資格に関する違法行為が次々と発覚したことについて、私たちの厚生常任委員会では国に対して違反者の罰則を厳格化するなど、国民の安全確保を求める意見書をまとめ上げ、今日の採決を待つことになりました。

 暑いような暑くないような・・・冷房に弱い私は一昨日から喉が痛くて・・。
posted by おさだ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2013年07月01日

今一度襟をただすしか。

 一般に、市長などの首長選挙では、二期目を目指す現職候補ほど強いものはなく、四期目を目指す現職候補ほどもろいものは無い、と言われている。

 横須賀市長選挙では二期目を目指す若い現職に自公が対立候補を立ててジンクスに挑んだが、結果は惜敗であった。

 何よりも我が国にとって大事な人材である小泉進次郎を総責任者に立てて戦った選挙に負けたことで、彼のスネに傷をつけてしまった我が党の責任は重いと私は思っている。

 むしろ進次郎を前面に立てたことで、相手陣営の闘争心を燃え上がらせてしまってこの結果だとすれば、反省すべき点は政治の初歩の部分から始めなければならない。

 三日後には参院選が始まる。与党になって勢いがあるから選挙は勝てるくらいの気でいたら有権者から冷や水を浴びせられることになる。

 横須賀の轍を踏まないためにも、自民党のおごりこそが敵の選挙と認識しなければならないと思う。
posted by おさだ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感