2013年07月03日

引退のあいさつ

 昨日県議会最終日。今月末の任期満了をもって参議院議員を引退する、川口順子参議院議員が議会に来訪され、お礼のあいさつをされて行きました。
DCIM0756.JPG
 東大出身のエリート官僚からサントリーの常務へ。そして森内閣、小泉内閣に見出され、民間閣僚として入閣するなど、官、民、政の世界で活躍されました。
 決して驕り昂ぶらず、柔和な笑みの中に強い信念を携えた方。というのが私の川口さんに対する印象。まだまだやり残したことはあるとご本人も申されていましたが、自民党の70歳定年制の中で「それを押してまで政界に残ることはできません。」とお話されていました。

 本当にお疲れ様でした。

 第二回定例会も無事に終わりました。議員提出条例案の「再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例」案も全会一致で可決成立し充実した定例会であったかなと思っています。
DCIM0755.JPG
 事務所から議会へ向かうため、海老名駅を目指して歩く道すがら、いわゆる耕作放棄地を見かけることが多くなりました。明日から始まる参院選ではTPPで世界の競争にさらされる日本の農業をどうやって育成して行くか?が大きな争点となります。ただでさえ狭い日本の田畑をいかにフル活用できる制度にしていくか、大きな課題ですね。
posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感