2013年07月22日

私たち自民党は言いました。

私たち自民党は言いました。「先祖がえりはしません(古い体質にはもどらない)。」

私たち自民党は言いました。「多数になっても暴走しません。」

私たち自民党は言いました。「ネジレが解消されれば決められる政治になる。」

私たち自民党は言いました。「毎年毎年首相が替わるような不安定な政治はダメだ。」

私たち自民党は言いました。「経済を再生させます。」「被災地の復興を加速させます。」そして、「日本を取り戻す。」

 その結果、昨日の参院選では実に多くの議席を国民の皆様から頂きました。ものすごく大きな期待です。

 だからもう言い訳は通用しません。

 勝ったからといって古い体質、つまり利権型の政治や派閥人事はせず、多数になっても野党や少数意見に耳を傾け、党内で決めたこと、国民に約束したことは全員が守り、安倍政権による安定した政治で決めるべきことを決め、速やかに実行する。そのうえで、経済を再生させ、被災地を復興させ、社会保障を改革し、国際社会で通用する教育を行ない・・・・選挙で公約したことの一つ一つを実現しなければならない。言ったことが実行できるだけの数を得たのだから。

 もう言い訳は通用しません。与えられた時間は三年。
DCIM0854.JPG
 本当に、ありがとうございました。
posted by おさだ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感