2013年12月31日

大晦日

 今年も快晴に恵まれた大晦日ですね。

 昨日の神奈川新聞の社説には驚いたやら面はゆいやら・・・。
 今の国政での野党の様子を指して多弱野党と呼び、「自民党の“知恵”に学べ」とタイトルしているのだから驚く。少数分裂を繰り返す野党の再編統合を促すとともに意思決定のプロセスは自民党に学べと。かつて政界再編と言えば脱自民党、脱55年体制・・とにかく長く続いた自民党体質を打破することが目的であったが、今の再編は自民党に学べと言うのだから、自民党に対する評価も変わったものである。

 さて、その自民党が政権に復帰して一年。アベノミクスは奏効し、昨日の東証株価は年初来1.5倍の最高値をつけて今年の取引を終え、円は20%下落の105円台。あくまでも国全体の空気としては久しぶりに好景気の気分で新年が迎えられそうな大晦日です。

 あのバブル景気の崩壊を肌身で感じてきた世代としては、急激な成長には反動があることへの警戒感もありますし、それどころかまだまだ好景気なんて実感は無い人も多いのが実態。だからこそ、来年はこの経済環境を持続させることが最大の政治課題。野党が多弱であろうが強大であろうが、より多くの国民が経済発展の恩恵を実感し、我が国財政の好転にこぎ付け、発展する東アジアに新たな自由経済の枠組みを作りあげるまで、私たち自民党政権はこの歩みを止めるわけにはいきません。

 じぇじぇじぇ! 今でしょ! お・も・て・な・し 倍返し! そしてアベノミクス 例年にない数々の流行語の誕生、東京五輪誘致、イチロー4000本、マー君無傷の24勝・・・・前向きな出来事の多かった平成25年が暮れていきます。
 
 来年の更なる飛躍を期して、良いお年を!
posted by おさだ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感