2016年12月29日

お休み頂きます。

 晴れの続く年の瀬になりそうですね。

 昨年頂いたシンラメン。枯らせてしまうのも可哀想かと夏の間も水をやり続けていたところ秋には葉が広がり始め、ようやく花が咲き始めました。こんなことがうれしく感じる今日この頃です。
IMG_8600.JPG
 私の仕事は今日から大晦日までお休みに入ります。元旦はいくつか仕事をして、2日と3日はまたお休みしたいと思います。
IMG_8541.JPG
 今、明治の海老名で盛んに行われた自由民権運動について図書館に行って資料をあさったりしています。それが、今のところは私の趣味。またコツコツと小説にでもできたらいいなぁ・・と思っています。
posted by おさだ at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月27日

引き際

 政治家にとって引き際、つまり引退するタイミングっていうのはとても大事だと思っています。有権者から飽きられ、疎まれ、それでも政治家の地位にしがみ付いているようなことは絶対にしたくないのですが、ただその辺りの感覚っていうのは本人にはなかなか自覚しにくいものなのでしょうね。

 それとこれとはまったくの別問題ですが、スケートの全日本選手権での浅田真央ちゃんを見ていていると「もう無理しなくていいんじゃないかな・・」と私などは思ってしまいます。そこへいくと荒川静香って人はきれいに引退したもんだ。うまく引退するとその後の人生も充実するんじゃないかな。
 あるいはスマップも昨日のテレビ番組で見納めということですが、やっぱりこれも「長い間ご苦労様でした」という感想が浮かんできます。みんなもう40代でしょう、人生の大半をアイドルとして過ごして来たのだし・・・もうそろそろ自由にしてあげてもいいんじゃないかなぁ・・・。

 ま、逆に徹底的に最後の最後まで、心身の続く限り一つの道を貫くというのもアリか・・例えばサッカーの三浦知良選手とか、芸能界の松田聖子さんとか・・ふむふむ、どちらも立派で尊敬できるなぁ・・。
 一番いけないのは途中で迷いが生じて、道をそれ、また戻ってくるみたいな中途半端になってしまうことかな・・アスリートにもアーティストにもそういう人っていますよね。

 この年の瀬に私はつらつらとなぜこんなことを考えているのだろう・・?
 特別な意味はありません。え?長田進治、作家として本格デビュー!?なんてね(笑)

 今日は事務所の大掃除をして仕事納めです。
posted by おさだ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月22日

歳末

 冬至も過ぎていよいよ年の瀬ですねぇ・・。つい先日正月だったような気がするのだけれど・・。

 私の事務所には連日支援者の皆さんがやって来て、議会報の配布準備を手伝って下さっています。
IMG_8528.JPG
 行きつけの魚屋へ行き、正月用に父の好きなマグロの刺身と母の好きな酢だこを注文しました。

 年の瀬ですねぇ。
posted by おさだ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月21日

閉会

 平成28年度神奈川県議会第三回定例会は昨日全日程を終え、閉会致しました。議員、知事及び職員、関係者の皆さんお疲れ様でした。

 定例会が終わると知事さんが、議会の各会派控室を訪ねて挨拶をされます。広い控室を黒岩知事は歩き回りながら一人一人の議員に声をかけ、何となく握手をする議員もいれば、短い立ち話をすることもあります。厳しい意見を言った議員も中にはいますが、終わればお互いご苦労様。結構な時間をかけ、ひと通り挨拶を済ますと知事は別の会派へ移動して行きます。

「”提案”した議案を認めてくれてありがとう」これが提案権を持つ知事の立場。
「色々と出された意見を活かして”議決”の通り執行して下さいね」これが議決機関の議会の立場。
「議決された通りにしっかり”執行”します」今度は執行者としての知事の立場。

 それぞれの権限に基づいて行政は動いて行きます。その節目においてお互いに目を見て”挨拶”をする。とても大事なとこだと思います。ただルーティンに、終わったからどうも、いつもの儀礼だから来たよ、お宅の会派とはギクシャクしてるから・・そんな話ではないのです。
 そういう意味では今の神奈川県議会と執行機関の関係は「和して同ぜず」良い緊張関係が保てていると感じています。

 今日は冬至。
 実は私、早朝の朝風呂に入るのが習慣になってもう3年くらいになります(夜も入りますが・・)。朝風呂につかったら湯を抜いて、ついでに浴槽も洗ってしまいます(笑)。そして今日は庭の柚子をもいで、忘れないように・・。何事もこうして「段取り」「段取り」で動くようになって、私の父がそうなんですが、俺も親父に似て来たのかな・・。
IMG_8521.JPG
 これから歳末に向かって何かと気ぜわしい季節ですね。風邪など召されませぬように。
posted by おさだ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月20日

おかあさん

 相模原市緑区・・なんて言うと分かりにくいのですが、つまり津久井の青根の道志川で猿の顔をした巨岩が発見されたと昨日の神奈川新聞に情報が掲載されていました。
IMG_8517.JPG
 海老名の人が発見して写真に収めたとか・・。是非一度見に行ってみたいものですね。
IMG_8515.JPG
 さて、申年も間もなくサルわけですが、昨日は議会の控室に「ゆず」を持参して皆さんに持ちかえって頂きました。もう7年くらい前からうちの庭に植えてあるゆずをもいで持参するのですが、「冬至のゆず湯にどうぞ」と書いて置いておくととても好評で、今年は300個くらい持って行ったものがみんな無くなってしまいました。
 実は、最初の頃は自宅のものを通勤鞄に詰められるだけ持って行っていたのですが、数年前からそれを知ったおふくろが、「進治、うちのも持っていけ」と、コンテナにたっぷり収穫して一輪車に積んでやって来るのです。
「お母さんありがとう、でも大変だからいいよ」と、ゆずの木にはトゲもあるし、脚立から落ちでもしたら大変だから断るのですが・・翌年も朝の玄関を開けるとそこにたくさんのゆずが置いてあります・・・。
「お母さん危ないから・・」「わかったよ」「お母さんそんなにたくさん持って行けないから・・」「わかったよ・・」「お母さん、お母さん・・」
 で、翌年も、今年も、朝の玄関にゆず・・。

 涙でるほどありがたい。
 言えないけどね。

今朝の一句
 おふくろと遊んだゆず湯抱きしめり

posted by おさだ at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月19日

お勧めの読書法

 あまり進んでテレビを観ない性分の私としてはめずらしいことなのですが、この一年を通して大河ドラマを観通すことが出来ました。
 昨日最終回を迎えた「真田丸」。三谷幸喜さんの演出は本当に楽しかった。史実というか時代背景からするとずいぶんと飛躍しちゃってるなぁ、と感ずる部分も多々々ありましたが(笑)。
 とにかく役者の皆さんが登場人物のキャラクターをみごとに際立たせているのには「瞠目(どうもく)せざるをえなんだ」。特に真田昌幸を演じた草刈正雄、本田正信を演じた近藤正臣、きり役の長澤まさみ・・・そうそう茶々の側近大蔵卿役を演じた女優さん!!!もう画面の中に入って行ってひっぱたいてやりたい気持ちにさせられましたからね。あれはすごい。

 まぁ歴史なんて本当に何が事実かなんて分からないのだし、視点の置き方次第で見え方はずいぶんと違うもの。大事なことは今を生きる者がそこから何を学ぶかでしょうから、誇張される部分があっても良いのではないでしょうか。私は猿飛佐助も霧隠歳三も実在の人物だと思っていたのですが、これも真田幸村と忍びの活躍から派生した架空なんだそうですね。そうと知れば私も次に書く小説への意欲が湧いてきます。
IMG_8511.JPG
「真田丸」の影響もあって、池波正太郎氏の「真田太平記」を読んでいます。一冊500ページの大冊×12巻。6000ページの旅は三谷幸喜さんのおかげで登場人物が活き活きと輪郭をもって浮かび上がって来ます。こういう小説の読み方もあるんだなぁ・・と、これはお勧めの読書法かもしれません。今は6巻目、これから関ケ原に向かって徳川の挑発がエスカレートするところ!議会へ向かう相鉄線でページを開くのが楽しみです。

 では、今日と明日、議会へ行って来ます。



posted by おさだ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月18日

オスプレイ大事なときにミスプレイ?!

 風邪による嘔吐と下痢・・と診断された私は昨日一日自宅で休んでいました。
 それにしてもあれですね、一日自室にこもっているってのはヒマなもんですね。本なんか忙しいあい間にページを開くから集中できるのであって、ヒマなときに読んでもたちまちコックリコックリ。

 窓の外を眺めているばかりじゃ退屈なので、窓の外にレストランを作ってお客待ちです。
IMG_8507.JPG
 日露首脳会談の翌日、アメリカのオバマ現大統領が、ロシアのプーチンを名指しして「米国大統領選に対してロシアがサイバー攻撃をしかけ、それはプーチンも承知していたはずだ」と激しく非難したと新聞が報じています。
http://news.goo.ne.jp/topstories/world/163/5222625ec1a14590ac8b7ae33440fd68.html

 安倍総理とプーチン大統領の会談が終わるのを待ってくれてのことか、それとも逆に会談を批判する意味を込めてこのタイミングなのか・・・私には分かりませんが、そんな大事な時に発生した沖縄でのオスプレイの不時着(?)事故はあまりにも間が悪い出来事でしたね。在日米軍の撤退を口にのぼせているトランプとの関係においてもやはり間が悪い。米軍高官が感情を露わにしたのもやはり「こんな時に」という思いが裏側にあるのではないか・・「政治問題にするのか!」と言ったそうだ。

 昨日も自衛隊のヘリや飛行機が自宅の上を飛んで行きます。厚木基地を飛び立った航空機はちょうどわが家の上空を抜け、相模川に沿って海上に出るようです。
 私はオスプレイばかりに照準をあてて危険だと言うつもりはありません。空飛ぶ兵器は皆墜落の危険があり安全管理を徹底するのは当然のこと。沖縄だけでなく第二の基地県神奈川にとっても他人事ではありません。

 さて、今日は穏やかな天候の日曜日ですね。
 窓の外のレストランにはなかなかお客が来ません。ヒヨドリでもメジロでも降りてきてくれないかなぁ・・・でも猛禽類のミサゴだけはかんべんしてよ。(日本のどこにでもいる鳥のミサゴ 英名はオスプレイ)




posted by おさだ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月17日

穏やかな週末

 おはようございます。
 今日は青空が広がり、風もなく穏やかな週末になりそうですね。

 日露首脳会談は「期待してはいけない」とあれほど読売さんが事前にブリーフィングしておいてくれたのに・・それでもついつい期待してしまいました。結果はともあれ、つくづく思うのは民主化の十分でない国との交渉の難しさでしょうか。太平洋戦争で降伏した国に、横から一方的に宣戦布告してぶんどった島を「戦争で勝ち取った領土だ」という主張を、たとえ自国の利益であっても、民主化の進んだ国であるならば、言論が認めるだろうか、国民が支持するとも思えません。
 ただ、今回の会談が安倍政権の外交戦略の誤りだったかと言えばそうでもないでしょう。何もしなければ何も生まれない隣国との関係ですから「千里の道も一歩から」ここは果敢なチャレンジだったと思います。近づいているロシアの大統領選挙でプーチンが再選された後の動きに注目したいところ。ただ、今回の件は首相の故郷で温泉に浸かりながら会談という演出が少々過剰だったのではないでしょうか。これに遅刻という形で応えられたのでは様にならない。

 さて、私は忘年会続きで内蔵が疲れてしまったのでしょうか・・・昨日はお腹をこわし、発熱もあり、脱水症状から病院で点滴を受けることになってしまいました。幸い一日安静にしていたら回復しましたが、大事をとって今日の仕事は欠席の連絡をさせて頂き、自宅で本でも読んでいようと思います。

 来週は冬至ですね。皆さんも体調管理には充分お気を付け下さい。
posted by おさだ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月15日

苦労と目

 いやいや、玄人目・・と言いたいところですが、自分で言うのも変ですね。むしろ業界人の目でこの国会を見てしまうという意味で・・カジノを含むIR法案をカムフラージュと見たらどうだろうか。
 注目の集まるこの法案を表に出しておいて最後まで引っ張る。その陰で重要な法案がするりと通過する。年金改革法、TPP・・・。

 勘ぐりですかね。

・IR法が成立したからといってカジノが合法化されたわけではありません。それはまた別な法整備が必要でから、カジノの是非についてはまだ今後の課題です。
・年金改革法については民主党政権の時代に「持続可能な制度の構築」という観点で検討が始まったもの。「年金カット法」などと批判できるスジのものではないはず。
・TPPについても民主党政権時にスタートした課題。トランプは必ずその必要性に気付くでしょう。このまま進めば日本の食卓に上る輸入肉はほとんどオーストラリア産になり、アメリカ産は締め出されていくことになります。

 ついでにもう一つ勘ぐるなら・・・
 日露首脳会談・・読売の動きって政府と連携してないか・・前にもそんなことあったような・・。
posted by おさだ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月14日

楽観できない世界情勢

 明日の日露首脳会談、どうなりますかねぇ・・。
 あまり期待してはいけませんが、領土の問題をきちっと正視したうえで、両国の経済交流に道筋をつけて欲しいものです。ロシアのことをとっても近いヨーロッパと考えて見直してみれば、魅力はたくさんあると思います。日本の自動車や家電など、売り込めるものもたくさんあるはずですし、すでに戦略が始まっている観光政策もいいですね。ウラジオストックなど、近いところから是非行ってみたいと思います。
 もちろんロシアの側からしても日本に売り込みたいものがあるでしょう。特に天然ガスについては中東からタンカーに載せて運んでくるより安価に輸入できる可能性があります。原発が動かせない現状ではやはりそれは日本にとっても必要な物。

 ただ、戦争に負けた日本に一方的に侵入し、北方四島を奪い取った過去と、2年前のクリミア侵攻が重なります。共産党による独裁とKGBのような秘密組織、そしてドーピング・・。この国の負の印象は簡単にぬぐえるものではありません。ですから友好の前提として、領土問題についてはしっかりと解決・・とまでは行かずとも互いに正視する必要があると思います。

 それにしても、アメリカのトランプがいきなり台湾の総統と電話会談したって。中国にしてみればびっくり仰天、ぶっとんだでしょうね。あまりにもありえないことで、中国政府も受け止め方が分からないのでは・・、これをまともな大統領がやったとしたら、台湾海峡の軍事的緊張は一気に高まったことでしょう。そして一番ビビッているのはフィリピンのドゥテルテあたりか・・。韓国の朴大統領が弾劾にかけられ、北朝鮮は相変わらず。そうしたことを考えると極東アジアのパワーバランスが崩れる危険がとても高いと感じます。

 EU諸国で保護主義が台頭していることもあり、この先世界情勢は非常に不安定だと感じます。もちろん日露の接近は米国やヨーロッパ諸国にとっては不安材料となるでしょう。
 そうした中で我が国の国会に目を転じれば、強行採決だの内閣不信任だのと野党が騒いだふりをしているけれど、内心はどの法案も賛成したいと考えている議員が野党内にも多いし、不信任だなんて言って、本当に解散総選挙に打って出られたりしたら勝てないことが分かっているから、やることなすこと茶番になってしまう。

 プーチンから見れば、学芸会ほどの政治にしか見えないだろう。

posted by おさだ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月13日

マスコミ

 沖縄の辺野古の裁判。今朝の朝刊を読むと、ある新聞は「沖縄県敗訴確定へ」と書き、ある新聞は「国の勝訴確定へ」と書いています。あきらかにこの問題についての各々のマスコミのポジションの違いが現れていて面白い。もちろん読む側の印象も大きく違うわけで、私たち情報の受け手側は、手に取る新聞、合わせるチャンネルによって主張して来ている方向が違うんだということを、かなり意識して選ぶようにしないと、無意識のうちにマスコミによって感覚をリードされてしまいかねません。もちろんマスコミの側がどんな主張をしようと、いくら偏ろうとそれは自由です。憲法が保障する言論の自由というやつですね。ただ、ちょっと困るなと思うのは地方紙。各都道府県に一紙ずつある新聞社・・神奈川新聞、千葉日報、群馬県なら上毛新聞などは、読み手からするとローカルな情報を得たいがために読むのだから、そこであまり偏った視点の記事を書かれるのはいかがなものかと思うことが間々あります。

 さて、寒くなってきましたね。
FullSizeRender.jpg
 昨日は甘利代議士と朝の駅頭に立ってまいりました。
 今年は甘利さんにとっては受難の年になりましたが、身の潔白が証明されてまずはひと安心。こうして駅頭に立ち、日本と世界の経済について語る演説を聞いていても、その内容の濃さに、すごいなぁ・・と感じさせられます。またそれと同時に、終わってみればマスコミが大騒ぎしただけだったあの事件によって、日本経済が失ったものの大きさに思いが及び、無念を感じずにいられません。

posted by おさだ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月11日

歳末

 本当に月日が流れることの早いこと・・もう歳末です。つい先日ここで「歳末たすけあい募金」をやったような気がするのだけれど、もう一年が経ってしまったということですね。
IMG_8480.JPG
 ここのところは忘年会もピークで、昨日は地元の町内会の同世代の仲間と中華の円卓を囲んでの忘年会。「新和会」って云うんですけどね、私が住んでいる新宿という名の町内会の若手が集まって交流する会で、戦後から長い歴史のある会なんです。
15319083_216585665457555_2422283445761582625_n.jpg
 こうして今年も暮れて行くんだなぁ。
posted by おさだ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月09日

さがみロボット産業特区

 県議会の「特区推進議連」の皆さんが海老名に来て視察をしてくれました。視察場所は県立産業技術センター(下今泉)で進められている様々なロボットの製作や実証の現場。
IMG_8468.JPG
 私がつかまっているのは視覚の不自由な方の歩行をアシストするロボットで、指先の操作で全方位に向かって先導してくれ、障害物に近付いたときにストップします。目的地をインプットすればそこまで連れて行ってもらうこともできます。
 このほか自然災害を常時監視するロボットやリハビリをサポートするロボットなど、様々な「生活支援ロボット」がここ海老名で作られています。

 更に視察団は海老名総合病院に併設されている老人保健施設「アゼリア」に向かい、ロボットが介護の現場でリハビリに利用されている現場を視察しました。

 これからAI(人口知能)やIoTの活用が飛躍的に進む中で、ロボットは人間の生活に深く関わる存在として利用されて行くものと考えられます。そこで神奈川県は県央地域をロボット産業特区としてロボット産業をこれからの経済発展の原動力にしようとしています。その中心が私たちの海老名であるということ・・実は海老名の皆さんにはあまり知られていないんですよね・・。

 私の努力不足か・・。


posted by おさだ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月07日

大山鳴動して鼠一匹

 小池都政のことである。

 結局・・東京五輪の競技会場はほとんど元のまま実施されることになりそうな雰囲気だ。神奈川県は江の島でセーリング競技が行われるのだが、いまだに県と都、国とJOCなどの役割分担すら決まらず、準備もできない日々が続いている。五輪に協力する自治体の立場からすれば、今の都政の混乱は迷惑な話。そういう意味では横浜アリーナでのバーレーボール開催を辞退したと報道されている横浜市の対応は理解できるし、むしろ痛快とさえ感じてしまう。

 一方、自民党本部が都知事選で小池氏を応援した豊島区議を除名することにした。
 小池ブームが続いているときには、下手をすれば世論を敵に回しかねないことで自民党本部も処分に二の足を踏んでいたが、ここで除名に踏み切ったのは、五輪にしても築地移転にしても小池都政の限界が見えた結果と私には見える。小池新党などという話もあったが・・「どうぞおやりください」といったところか。

 大山鳴動などと辛口なことを言ってしまったが、以前から書いている通り小池氏の改革は小さな小泉改革であり、小泉流喧嘩術で選挙に勝った。いわば小泉流の政治を継承しているにすぎないと私は感じている。そこで思うのは「あの小泉改革とはなんだったのか・・郵政民営化はなんだったのか・・」という感慨である。「構造改革なくして景気回復なし」と叫んだが、つまるところそれは縮小均衡型の経済改革であり、その後も経済は低迷し、小泉氏自身は引き際よく引退してしまったが、残された政治は祭の後のように冷め、やがて民主党政権へと長く暗いトンネルに入ってしまった。
 私自身があの頃小泉純一郎という人の熱に浮かされてしまった人間の一人なので・・往事のことを振り返ってみるのだが・・まるでマスターベーションを覚えた中学生の頃を思い返すような虚脱感に襲われてしまうのだ。

 この国の首都の政治がやはり気にかかる。

今朝の一句
 秋団扇 原発の灯も 消しにゆき


posted by おさだ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月06日

外交はずっと先を歩んでいる

 昨日「安倍総理真珠湾訪問」のニュースは良かったなぁ・・・何が良かったって、やっぱり外交が動いている、政治が生きているってことを実感できるニュースだと思ったから。

 おそらく、もうずいぶんと前からこれに向かって外交上の調整は続いていたんでしょうね。つまりオバマ大統領が広島へやって来た、あるいはやって来ると決まった時点で安倍総理の真珠湾訪問も両者の間では合意していたのではないでしょうか。ただ、様々な国際情勢や首脳の日程、例えばオバマ氏の任期などの事情を考慮し、表に出さず水面下で準備が進められてきたのでしょう。水面下でするのは両国の友好を嫌う国や個人があって横槍が入ったり、大統領選挙に影響したり、様々なことを考慮するからでしょう。

 こうして考えると政治、特に外交というものはずっと先を歩んでいて、私たち国民が知ることになるのは最後の完成形、あるいは失敗した"結果"という事で、それに至る過程はなかなか伺い知ることができないということ。主権者の国民が知れないのには不満を感じますが、それが知れてしまうようでは国と国との外交は成立しないのでしょうから、そこは選挙を通じて政権を選択して任すしかありません。

 さて、そこでどうしても想像が膨らんでしまうのは15日に予定されているプーチン大統領と安倍総理の首脳会談。領土問題を含んだ日露外交がどう進展するのか、とても興味が湧きます。ただ前述のことからするともう結果は両国の間で出ているのでしょう。秋口には「領土返還もあるかもよ」と国民を期待させた政府だったが、最近は「返還なんて無いよ」と、ことさら膨らんだ国民の期待を鎮静化させるブリーフィングが続いている。そのままその通り「無い」のか?あるいは「歴史的合意」というサプライズを狙っているものと見てよいのか・・私には分からないけれど、期待してしまうのが国民のサガだね。

 日米・日露・・どちらにしても中国を背景に見るべきか。

posted by おさだ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月05日

 夢・・か・・・。
IMG_8457.JPG
 昨日、上今泉のコミセン祭では書道教室の皆さんによる体験コーナーが設けられており・・「長田さんも一筆どうぞ」って!? 普段筆なんて持つことないし・・苦手だなぁ・・。
 それになんて書けば・・金澤翔子ちゃんみたいに「共に生きる」なんて書いちゃうのかな・・いやいや文字が多いとボロが出やすいぞ・・。
 そんなわけで迷ったあげくの一文字です。とにかく勢いでごまかしちゃえ! エイ!
15285000_635779459935076_5891253287214116941_n.jpg
 ま、あとはとりあえずの笑顔・・。
15271462_1055148174593684_648189887_o.jpg
 昨日は餅つきあり、スピーチあり・・盛りだくさんな一日でした。

 ところで夢・・私の夢か・・なんでしょうね、最近じゃ野心的な望みはすっかり静まっている私です。若いころは「夢=野望」でしたけどね(笑)。今は安定しているというか、あの頃のようなギラギラとした感覚が、もう少しあってもいいんじゃないかと、思うくらいです。
posted by おさだ at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月04日

枯れゆく美

 天気の良い週末ですね。

 我々の業界は今、忘年会お呼ばれの真っ盛り。昨夜の私は歯医者さんたち(歯科医師会)の忘年会へ。オークラフロンティアホテルで会費は一万円也。こうした会を一晩に数件ハシゴすることも多く、参加費用もかさみます。そうですね・・年末年始で100件も出れば、もうそれなりに負担は大きなものになります。私の場合は献金を受けない政治活動、つまり議員報酬以外の収入はありませんから、やはりそれなりに大変です。ただ、忘年会だからと浮かれているわけではなく、こうした機会に様々な人とコミュニケーションをとって色々な話を聞くのが政治をするうえでの大きなプラスになりますから、やはり大事な仕事なのです。

 庭木の紅葉がキレイだったので、部屋に活けてみました。
 枯れゆくものが、花よりもなお美しい。
FullSizeRender.jpg
posted by おさだ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月03日

私はカジノに反対

 衆議院の委員会でカジノを含む統合型リゾートを推進する法案が可決し、6日には衆院を通過するという。
「カジノ反対」県議会の本会議でもこれを表明したこともあるが、ギャンブルを合法化する法律など馬鹿げている。ただ射幸心にかられた人々に金を賭けさせて上前をはね、勝って得をするのはごく一部、大半の人は金を失ってガッカリ・・・勝った人は更に儲けてやろうと金をつぎ込み、結局スッカラカン。分かっているのにまた賭ける・・・そんな人間の煩悩を政府が利用して経済を振興させようなんて、何を考えているんだ?むしろ人間のそういう側面をうまく抑制するために社会とか法律とか政策というものはあるのではないか?
 カジノにはマフィアの存在が表裏となることもあり、売春や麻薬などの犯罪が一緒になって入り込むこともある。なぜならギャンブルも麻薬も売春も、一時的な快楽を求めるだけのほぼ同じ性質を持った人間の欲求で、どれほどのめり込んでも満たされることがない。満たされることがないのに依存する。もうやめようと、強く思うほどまたやりたくなる。例えばギャンブル依存症という病気については、パチンコ大国日本では国民病と言えるほど蔓延していて、その数は500万人を越え、先進国の中ではダントツに多いのだ。

 言わせて欲しい。ギャンブルも麻薬も売春も、私はそれで幸福になったという人を見たことが無い。

 国会議員よ目を覚まして欲しい。
posted by おさだ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2016年12月01日

偽りでもよいから・・

 早いもので今日から師走ですね。県庁の周辺、日本大通りあたりは県の木「いちょう」がすっかり色づいて、とても美しい風景が見られます。写真は先日丹沢に登ったときに撮ったものですが、今年は例年に比べて紅葉がきれいでしたね。
紅葉.jpg

 県議会は各党による代表質問が始まりました。

 ペットの殺処分を無くそうとしている神奈川県。飼えなくなった犬や猫を殺すために在った従来の動物保護センター(平塚)を壊して、ペットを生かす施設の「動物愛護センター」として新たに建設しようとしている問題。10億円以上かかる建設費用を知事は「全額を県民からの寄付で賄おう!」という掛け声でこの建て替え事業を始めました。ペットを殺さないために県民の善意を集めることはたいへん良い事だと私は思っています。でも、しばらくやってみたものの寄付は8千万円くらいしか集まっていません。全額というにはほど遠い状況ですし、これにこだわっていたら建設が進みません。県議会自民党としては法律で設置が義務付けられている施設でもあるし、寄付にこだわらずに建設を進めたらどうですか、と諫言しているのですが、知事も一度言い出したとこでなかなか方針を変えるわけにもいかない様子。結果として議会ではしばしば論戦となります。
「棒ほど願って針ほど叶う」という言葉もあります。100を望んで1ほど叶うのも世の倣いですから、知事が「全額」と言ったのも大きな旗印と見て、結果がそれに伴わなくとも「県民の善意は金額の多寡ではない」と、寛大に受け止めてあげたらどうかと私は思っています。この先、新年度予算の”説明”でうまく落としどころを見つけてもらえばそれで良いのではないか・・。
武道議連.jpg
 議会の後は、神奈川県議会武道振興議員連盟と神奈川県武道連絡協議会の共催による演説会を催しました。今回は神奈川県少林寺拳法連盟の会長をお勤めになっている小川肇先生のお話を伺いました。先生から六波羅蜜についてのお話を聞きしました。「偽りでもよいから良いことをせよ」と先生は話されました。本物の善人になんかそんなに簡単になれるものではない、と先生は言います。例えば電車でお年寄りに席を譲る・・「俺だって疲れてんのにしょうがねぇなぁ」と内心は思っても笑顔で席を譲る。偽りでもよいから、というのはそういうことかな・・とこれは私の解釈。
 とても良い勉強をさせて頂きました。
posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感