2017年01月30日

大統領令

 昨夜は遅い時間にひと雨降ったようで、まさに「良いお湿り」ですね。
 乾燥していた空気がしっとりと潤っています。
 この週末も色々な行事に顔を出し、多用な時間を過ごしました。
ohayasi.jpg
 写真は海老名市お囃子保存会の皆さんによる「新春叩き初め大会」の様子です。

 今日は県議会厚生常任委員会が開催されます。
 通常の議会日程には無いこの時期に常任委員会を開催するのにはわけがあります。それは、年末から議会が休会している最中に、津久井やまゆり園に関する諸課題について、行政サイドによってあれこれと事が進められ、県民意見を代表する議会側はそれを後から知るような事があるためです。2月の定例会を待つのではなく、臨時に委員会を開催して状況を確認し、「必要な意見は伝えよう」ということで、本日の開催を年初に決めたものです。
 しかし、その開催が決まり、準備をしている最中に知事がやまゆり園の建て替え方針を見直すと、いきなり大きな方針転換を示唆してしまったわけですから、議会が困惑するのは当然の話。
「大規模施設のままの建て替えはいかがなものか」という意見は議会の中でも出ていたのですから、障害者団体の皆さんからも同様な意見が出されましたと、改めて議会での議論を経て出直すならば、民主的な安定性を確保できるのだけれど、知事一個の判断となると今度は逆に見直すこと自体に反発する意見もあり得て、右往左往してしまいかねません。

 最近では「大統領令」なる言葉を紙面で目にすることが多くあります。
 比較するわけではありませんが、私たちの国は何事も「万機公論に決す」の精神を基本に置くことが大切だと思うのです。

posted by おさだ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月28日

党内融和

 今朝の新聞で初めて知ったのですが、甘利代議士が麻生派に入る方向で検討中とのこと。併せてこれまで無派閥であった田中和徳、山際大志郎、福田峰之、中山展宏の四氏も行動を共にすると新聞には書かれています。

 甘利の地元の県議会議員である私としては、代議士が国政で活躍しやすいようにサポートするのが第一義。
 一方、私も役員を務めている自民党の神奈川県連は、昨夏の参院選での中西候補の推薦問題や、4区での浅尾慶一郎氏の自民党会派入りの問題で党本部との間で軋轢が生じており、結果的にそれらの人たちを麻生派に飲み込んでいく麻生太郎氏への不信があります。

 ここは軽挙を慎み、党内の融和を第一に考えて行動すること。
 それが俺の取るべき立場だろうなぁ・・。

posted by おさだ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月27日

銀婚式

 おかげ様で私と妻と、結婚して25年(銀婚)を迎えました。
 長い間支えて頂いた皆様に感謝致します。

 25年か・・長いようだけどあっと言う間でした。26歳で結婚した頃50代の自分なんて想像もしませんでしたね。子供を育てて、家を建てて、選挙に出て、当選して落選して当選して、がむしゃらに突っ走って来た感じです。今は、この年代も悪くないな・・と素直に思えるので、まあ良いとしましょう。

 え?次は金婚式・・やっぱり想像がつきません。

 今日は風が強いみたいですね。
 お気を付けて。
posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月26日

春隣

 津久井やまゆり園の建て替え問題で知事は「再検討」を表明したそうだ。建て替え方針に批判が出れば「心外だ」と言い、それが批判されると「再検討」。
「知事さん、何でもかんでも一人で決めなさんなよ。議会の存在をお忘れじゃありますまいな」というのが私の率直な感想。理想をふまえて現実論の中に答えを出すには、冷静と理性と決断が必要。それが欠けると理想論と現実論の戦いの構図になってしまう。

 昨日は海老名警察署の署員による「武道始め式」が行われ、剣道、柔道、逮捕術などの演武が行われました。主に交番などに勤務する若手の警察官による試合は気迫のこもったものでした。
dry5.jpgeoml;.jpg
「昨年は7月に津久井警察署管内で、我が国の犯罪史に残るような凶悪な事件が発生致しました。深夜の第一報を受けて現場に踏み込んだ警察官の気持ちを想像してみます。どんなに怖かったことでしょう。どんなに勇気が要ったことでしょう。きっと生涯その記憶は警察官の心を離れることはないでしょう」
 武道始め式に続いて行われた「警察署員を励ます会」ではそんな挨拶をさせて頂きました。
 逮捕後も障害者に対する差別的な発言を続けているという容疑者、そしてそんな考えに同調する意見がネット上に流布されているという事を思えば、二度とこのような事件を発生させないために、市民の皆さんの協力が不可欠です。警察が市民の皆さんを招いてこうした行事を実施するのは、そうした思いがあるからだと理解しています。
airjh.jpg

 春隣(はるとなり)
 この季節、冬の季語です。北海道の旭川で全国最低気温の−42℃を観測したのもこの季節だそうですが、その一方で冬至も過ぎ、日の光は力強さを増し始め、陽射しは一日に畳の目一つ分ほど長くなるそうです。
 ♪夏は冬にあこがれて ♬ 冬は夏に帰りたい♪
 オフコースの歌にはこんなフレーズがありましたね。 
 
posted by おさだ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月24日

日記

 昨日、仕事を終わらせてからレイトショーでスターウォーズの「ローグ・ワン」を見て来ました。
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
 まるでスタジオジブリの「天空の城ラピュタ」に登場する巨人兵のようなキャラクターが登場して、ちょっと驚きでした。そのうえ、同僚の芥川県議(座間市)にそっくりのキャラクターも登場、これがなかなかいい味出してる・・。さすがに見ごたえのある映画でしたよ。

 映画と言えば、松方弘樹さんが亡くなったそうですね。
 若い頃に観た「仁義なき戦い」。鉄ちゃん役を演じた松方さん、強気のセリフがたまらなく格好いいのに、映画の最後では子供に情が出て、おもちゃ屋に立ち寄って殺されるシーン。あれには泣けました。それとなんと言っても鶴田浩二と共演した「修羅の群れ」ですよね。モロッコのタツ役の北島三郎に「後ろから撃つやつはブタ野郎だ」ってセリフ、鳥肌立ちました。

 松方さん、どうぞ安らかに・・。

 以上、今日は映画のお話でした。  ん?

posted by おさだ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月23日

真打登場。

 稀勢の里の横綱昇進は文句なしといったところでしょうね。昨日の千秋楽の一番は見ごたえのある相撲でした。稀勢の里も土俵際でよく残しましたが、これはやはり綱とりへの執念でしょうね。また白鵬もこの大一番の立ち合いで、いきなり張り手で相手を張る(ぶん殴る?)あたりはなんというか、強気なんていうぬるい感じじゃなく、「このやろう!ねじ伏せてやる」的な業の強さを感じさせました。そしてがむしゃらな白鵬の寄り。横綱になろうと必死に耐える男と、横綱にさせまいとムキになって押し込む男。大の大人が必死の形相でぶつかり合う様は本当に見事でした。

 さて、そんな昨日は毎年恒例、第11回の「本郷寄席」を実施致しました。
16114826_1178965365554600_3482661909950865924_n.jpg
 豪華な事に、林家たけ平、林家ぼたんの二人の真打による寄席は140人の来場者を迎え、盛大にそして笑いとちょっとほろりとさせる涙の中で、今年も終わることが出来ました。

 早いもので一月も終盤。新年会はまだまだ続きますが、どこの会場へ行ってもトランプの話題ばかり、ちょっと食傷気味です。

posted by おさだ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月22日

今日は寄席の日ですよー!

 今回は一切期待しなかったぁ。
 一切期待しない。
 二横綱一大関が休場しても、それでも期待しなかった。
 その甲斐あっての稀勢の里優勝!!
 良かったねー。これまで何度期待を裏切られてきたか・・終盤になるところころ負けちゃう精神面の弱さもきっとこの優勝で克服してくれると思います。まぁ、何より今日の白鵬戦に勝つことが大事ですが、19年ぶりの日本人横綱、是非ならせてあげてくださいよ、審議会の皆さん。

 まぁそんなわけで昨日は久しぶりによいニュースでした。それにしても連日続く新年会ですっかり内蔵が疲れているかなー、胃もたれがなかなか解消しません。
IMG_8639.JPG
 さて、今日は毎年恒例の「本郷寄席」の日。めでたく真打に昇進した林家たけ平と林家ぼたんの二人を招いての寄席は午後1時から、本郷コミセンで実施します。ご興味のある方は是非ご来場ください。木戸銭はお屠蘇も付いてたったの千円!
posted by おさだ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月20日

大寒

 今日から通常国会がスタート。同時にアメリカではトランプ政権もスタートします。はたしてどうなることやら・・・複雑怪奇な国際情勢の中で国政のかじ取りは多難を極めることと思います。必要なときには与野党一致して国の行く末を誤らぬよう進めて欲しいものです。

 一方、小田原市で起きた生活保護担当者のブルゾン問題。眉をひそめてニュースを見た人も多いのでは・・。ただ、現場では不正受給の問題を始め、公務員をあんな行動にかきたてるほど色々なことがあるのでしょうね・・。しかしそれにしても・・ブルゾンに書かれた内容、そしてそれを着た職員の数や期間の長さからすれば、批判を受けて当然だし、市のトップ、つまり市長がなぜ責任を取ろうとしないのか、不思議な気がしています。

 季節は今日から大寒。暦の通りの寒さですね。

 冬来たりなば 春遠からじ    ですね。

posted by おさだ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月19日

酉年

 まだ子供が小さい頃、「子供たちが大きくなったら木登りができるように・・」と植えた「モチの木」。その子供たちが成人した今、ようやく子供が登っても枝が折れないほどの大きさに育ちました。こりゃ孫のためになっちゃったな・・。
 正月、そのモチの木に真っ赤な実がたわわに実りました。そうですね、子供の頃「モチモチの木」って絵本を読みませんでしたか?あんな感じです。ところが、この赤い実を好む鳥がいます。ヒヨドリです。そう、あの威張りん坊で強く、早く飛ぶヒヨドリです。
 はじめは二羽のツガイと思われるヒヨドリがわが家の周辺を縄張りにして、他の鳥を一切近づけずこの赤い実を独占していました。ところがいつしか仲間に知れてしまい・・・「キーキー」と騒がしいなと思って庭に出たら・・わが家のモチの木には30羽くらいのヒヨドリがむれたかっているではありませんか!!まいりましたねー。庭中フンだらけ(泣)
 3日ほどで赤い実は全て食いつくされ、今は静かな庭に戻りました。
FullSizeRender.jpg
 今朝のお客さんはメジロです。ただ、みかんを置いておくだけだと、全部ヒヨドリに取られてしまうので、自転車のかごを被せておくと小鳥が食べられます。
 他にジョウビタキ、夏を大陸で過ごして戻って来たツグミは落ち葉をひっくり返して虫を探しています。そのほかムクドリ、シジュウカラ、セキレイ、もちろんスズメとカラス・・この辺りが遊びにやってきます。

 とり年だから・・ってわけではありませんよ。

posted by おさだ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月18日

22年

 昨日1月17日は阪神淡路大震災から22年目の日でしたね。
 思えばあの年は自他ともに変動の一年でした。ちょうど統一地方選のあった年で、私は妻の実家に家族で居候しながら選挙の応援をしていました。早朝、朝立ちの駅頭に向かう前に見たテレビニュースには大きな衝撃を受けました。
 そしてそれからたちまち、オウム真理教の第七サティアンに警官隊が突入して・・。本当に世の中に大きな事件が続きました。更に私はそのとき家を建てていたのです。そしてその秋には初めての市議選へ立候補。
 私の場合、人生の転機というのはこんなふうにドカンとやって来たものです・・ですから、私は自分の人生をこの平成7年を起点に色々と考える癖があります。
 あぁ、あれから22年か・・。つまり家のローンを22年返してきて、残りあと3年か・・。議員になってから22年か・・。
 昨日はいろんな意味で考えさせられる一日でした。

 県では、現在知事による新年度予算の編成作業が終盤を迎えています。「海老名に大きなお土産」を持って帰れるか・・私としてはとても大事な意味を持つ予算が編まれようとしています。どんなお土産かって?・・もう少し待って下さい。

posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月17日

真打登場!

 今日は宣伝です!

 毎年恒例の「本郷寄席」を下記の通り行います。
 11年前からずっと「たけ平」今年も「たけ平」来年も「たけ平」
 間違いなく現在の日本落語会の中では若手ナンバーワンの「林家たけ平」は私が11年、育てて来た甲斐あって(笑)昨年真打に昇進致しました。笑わせます、泣かせます、これが本物の落語。そう言って間違いのない寄席です。しかもお屠蘇におつまみまで付いて木戸銭たったの千円ポッキリ。

 ぜひぜひお越しください。
5e6bff41.jpg
本郷寄席
 日時  平成29年1月22日 (日)
     午後1時より
 場所  本郷コミュニティーセンター
 木戸銭 1,000円

※ご参加頂ける方・・下記のアドレスまでご一報ください。
osada@osadashinji.com
posted by おさだ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月16日

小正月と藪入り

 この週末も駅伝大会や新年会へと駆けずり回る週末でした。せっかくですからその様子を写真でアップしたいところですが、朝からiPhoneがアクティベーションロックという状態になり、IDとパスワードを入力しないと使えない状態に・・・どっちも頭に入っていない自分はお手上げ状態。
 あぁ・・めんどくせぇー・・。通話とメールしか使わないんだから、以前のようなガラケーに戻してよ!と、切実に思います。

 さて・・・ って、なにが「さて」なんだかスッキリしませんが・・。さて、季節は小寒。つまり間もなく一年で最も寒くなる大寒がやって来ます。昨日15日は旧暦で言うところの「小正月」。小豆粥を食べ、正月に忙しく働いた女たちを休ませてやろう。そんなことから「女正月」とも言ったそうです。そして今日16日は「藪入り」(やぶいり)。江戸や明治の時代、働く奉公人たちに休みを出し、小遣いや実家への土産物などを持たせて帰してやる。そんな主の気遣いの日だったそうです。封建社会の中にあってもこんな風習があった日本というお国の文化度の高さを感じる一面です。まぁ、男女平等と労働基準法が進んだ今はどちらも実感が伴いませんが・・。

 冬型の気圧配置が続く中、日本各地で大雪や低温による凍結などの被害が出ているようです。また乾燥によって火災も発生しやすくなっています。皆さんどうぞお気を付け下さい。
 さぁ、今週もがんばるぞー!

posted by おさだ at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月15日

パンデミック

 昨夜のNHKで新型インフルエンザによるパンデミックの特番を放送していましたが、本当に怖いと感じました。
 地球上の歴史で、最も多くの人の命を奪って来たものは、戦争でも交通事故でもなく、感染症の爆発的な流行によるものです。
 というナレーションが耳から離れません。

 昨日も岐阜県で鳥インフルエンザが発生し、8万羽の鶏を殺処分したと報道されています。一度に何万羽もの鶏を処分するなんてもったいないとか、かわいそうなんてお話を聞くこともありますが、毒性の高い新型インフルエンザが発生した場合、最大で60万人もの人が国内で死亡するという推計もあるそうですから、やはりこうした対策は絶対に必要なんですね。
 むしろ日本の国はこうした対策を行なっていますが、できていない国もたくさんあるのでしょう。内戦を繰り広げている国や、公衆衛生よりも核兵器の開発に意を注ぐような指導者の国などでは恐らくできていないのでは・・?そうなると日本一国がいくら感染防止の体制を整えても、こうした国が世界的な流行の発端となってしまうかもしれません。経済摩擦や民族対立、宗教対立もあるでしょうけれど、こうした問題だけは世界の国どうしが連携して取り組んで欲しいものです。

 インフルエンザだけではありません。MARSやエボラ出血熱など、人類が直面している脅威は実に多様で恐ろしいもののようです。

 感染の拡大を防ぐ最大の取り組みは国民個々が予防策を講じること。感染者の2m以内に近付かなければ感染のリスクは極めて低いそうですから、万が一国が非常事態を宣言したときのために、外出せずに一定期間を家の中で過ごせるように、水や食料の備蓄など、個々の対策を取っておく必要があると思いました。
IMG_8630.JPG
 昨日はどんど焼き。厄を払い、無病息災を祈りました。
posted by おさだ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月13日

干し柿

 望地の鈴木さんが今年も美味しい干し柿を作られて、私も頂きました。何とも言えぬこの甘味、丹精込めた出来ばえにほほが落ちそうです。
FullSizeRender.jpg
 昨年は秋の気温が高く菌が繁殖してしまって「ほぼ全滅です」と肩を落とされていた鈴木さんですが、様々な工夫を凝らして今年は素晴らしい出来ばえ。丹精込めるって一言で言いますが、大変なことなんでしょうねぇ。
hosigaki.jpg

 さて、昨日のトランプさんの会見、どう思いました?私は「この様子じゃ、一年ともたずに自壊してしまうだろうなぁ」という感想です。取材の記者を無視してまくし立てる様子などを見ていると、この人が合衆国大統領になるのかと、情けない気持ちにすらなってきます。先日の日記では「しばらく傍観していれば彼自身が一人でなんでもできるわけじゃないと気付くから、それまで日本はどっしり構えて」みたいなことを書きましたが、どうも会見を見た今ではそれも自信が持てません。特にトランプ相場なんてことで株が上がったりしていますが、これもさまに危うい話。この波に乗って投資しているような人は早々に引き上げた方が賢明だと思います。

 渋柿なら、干してあげれば甘くもなりますが、トランプをいくら干しあげたところで、ババがエースになるわけではなさそうです。
 
posted by おさだ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月12日

裏読み

 韓国の少女像の問題ですが、本当に困った国だと思います。「最終的、不可逆的にこの問題を解決」と、国と国どうしの間で決めたことを守れないのだから。
 いつも国内政治が混乱すると「反日世論」を煽って国民の目を外に向けさせようとするのはこの国の常とう手段、あきれてしまうというのはこのこと。

 政治の仕事をしているからか、新聞やテレビの報道を裏読みしてしまうことがあるのですが、この少女像問題、韓国がこういうことをしてくれるほど日本の国内世論は良い意味で収れんしていくような気もします。これまで靖国問題などでもそうですが、中韓の反発そのものよりも、これを誇大に報道して政権批判を展開するマスコミや、それに同調する野党、あるいは戦争に関する過度に自虐的な感覚を持つ国民、そういったものに世論が引っ張られて行く、言わば足元のことこそ政府としては意識せざるを得なかったのだけれど、今回の少女像のようなことを続けられると「相手の側にも問題があるね」という印象は確実に国民世論に浸透するのではないだろうか。国民世論が変れば、日本政府の韓国に対する外交方針も変わって行く事になるのでしょう。

 もう一つついでに言うと、小池都知事。新党結成は良いのだけれど、小池さん自身は自民党員のままの状態が続いていると報道されています。新党結成なら自民党を離党すれば良さそうですが・・・。この辺りに政治的な駆け引きを感じます。自分からやめても一文にもならない。自民党の方から除名処分にでもしてくれれば、国民の同情を引き付けられる。そういうことでしょうか。
 ただ、都議選に向けて小池新党が推薦候補を出すための“試験”をやったという報道を見て思うのは、これは完全に広報戦略をマメージメントしている “それなりのバック” が付いてるし、金もかかっているなぁ・・ということ。こうしたバックの人間が広報だけでなく、彼女自身をコントロールするようになると・・近くの国にそんな例があったような気がする。
 それともう一つは私も長い政治経験の中で、新党ブームに乗って政治の世界に入り、やがてブームが去ると共に政界を追われていった人を多く見て来たような気がします。気の毒だなぁと思うこともあるけれど、どんなことになってもこれは自己責任。党首といった人は決して面倒をみてはくれないし、たいがいにおいて新党結党の党首というのは最後まで責任を全うすることなく、いなくなってしまう。

 寒い日が続きますね。ご自愛ください。

posted by おさだ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月11日

賀詞交歓会

 昨日は今年初めての県議会登庁。議員と知事や県職員幹部の皆さんとの賀詞交歓会がありました。
 日本大通り駅から議会のある県庁まで歩く道すがら、新人の議員さんが「あけましておめでとうございます」と声をかけてくれました。党派は違っても挨拶をしてもらえるのはうれしいことです。
 知事は年頭のあいさつでお話されました。
「最近のニュースを観ていると、東京都ってのは何から何まで本当に特別な自治体なんですね。議会に200億円の予備費があるなんて、どういうことですか?まさか、神奈川にもそんなのあるのかと副知事に確認しましたけど、あるわけないでしょと言われました。(笑)それにですよ。議会が終わって各会派へ挨拶に行くと、東京都議会ってのは議員さんが一斉に並んで挨拶してくれるんですねぇ・・。神奈川の議会は挨拶に行っても、なんだ知事来てたのか、くらいの感じですから(笑)やっぱり予備費の力ですかね(笑)」

 軽やかなジョークで一年の幕開けということで。
IMG_8609.JPG
 その他、昨日は地元海老名の商工会議所の賀詞交換会。
 ところで賀詞交歓会って・・社会人になって初めてその言葉を聞いたとき、何の事だか分かりました?私なんか「え?お菓子の交換会?」って思っちゃいましたから(笑)

posted by おさだ at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月10日

成人式

 昨日は成人式。海老名市では1,200人を越える新成人が誕生しました。
 毎年恒例のスピーチ、今年はやはり津久井やまゆり園の話をさせて頂いて、「社会」というものは何のためにあるのか、そんな話をさせて頂きました。
IMG_8608.JPG

 この先は思い出話ですから、仕事中の方は飛ばしてください。

 私が・・25歳くらいの時だったかな・・久しぶりに再会した大学時代の同期生との会話でこんな体験を聞きました。
 その同期の彼は東北宮城から上京して大学に入り、就職は大手のスーツ販売会社でした。みなさんも知っている有名なお店です。そのお店の神奈川県内のある支店で店員をしていた彼にこんなことが起きました。仮にその店を海老名支店ということにしておきましょうか。

「いらっしゃいませ」
 声をかけると作業服を着てほっぺたを赤くした、ちょっと太めの青年がスーツの並んだ棚に隠れるようにして品物を見始めたそうです。

「もしかして成人式ですか」
 と声をかけるとコクリとうなずきながら並んだスーツを見ている。
「成人式でしたらこちらに良いのがありますよ」
 と、いざなった先のスーツに彼は目を見張ったものの、「ちょっと高いな・・」としきりに値段を気にしている様子。
 そこは私の同期の彼も商売ですから、「それじゃ一般のスーツにもこんなのがありますよ」と、値段の手ごろなスーツをすすめてみたところ

「うん、これ」

 とお客さん。

「成人式でしたらコートも必要ですよね」
「うん、あ、はい」
「海老名の人?」
「いいえ、違います」
「それじゃ、地元に帰って成人式?」
「いえ、海老名の式に出ます」
「そうですか、仕事で海老名なの?」
 いつしか慣れ親しい会話になってしまったのは、彼もきっと東北の出身だな・・という直感があったからだそうです。
「はい」
「東北でしょ」
「はい、あ、え、なんで分かるんですか」
「俺、宮城だから」
「そうですか、石巻です」

 そしてコートも選んだ彼。
 私の同期生は聞きました「靴下とかは必要ない?」
「あ、だ、大丈夫です」
 でも同期生はズボンの裾合わせをする時、彼の靴下に穴が空いているのを見ていました。
「そう、じゃ、ネクタイは大丈夫?」
「はい、大丈夫・・」

 やがて会計をする時、彼は茶色の給料袋から6万円ほどの支払いを済ませたそうです。
 彼が店を出る時、同期生は紙袋に靴下とワイシャツとネクタイを詰め込んで彼に渡しました。
「お祝いだよ、持って行きな」
「え!・・・」

 見ていた先輩の女子社員が言ったそうです。
「あんたね、いくら社割だからってそこまでする?」
 彼はそういう男でした。でもやっぱり25の彼にとっては出費も大きい・・確かになぁ・・いちいちお客の事情に関わってたら仕事にならないよなぁ・・と、ちょっと反省・・。

 でも、成人式の当日、店の前に〇〇工務店という名前が書かれた軽トラが停まり、中から年配のおじさんが降り、店に入って来ました。
「うちの若いもんが、お宅のお店の人に良くしてもらったって。ありがとうございました。あいつ、給料だけじゃ全部そろわなかったらしくて・・」
 そこまで言ったおじさんは声を詰まらせてしまったそうです。
「お気持ちはありがたく頂きます」
 そう言って風呂敷包みをカウンターに載せると
「うちの会社でついた餅です。お祝いですから」
 と言って、たくさんのお餅を置いて、何度も頭を下げて店を出て行ったそうです。

 彼は今、その企業の重要なポストに就いていると、正月の年賀状にありました。

posted by おさだ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月09日

もしかして喘息?

 二週間も続いている咳の症状。どうも普通の風邪の咳と違って発作的にゴホゴホとやってくる。発熱その他の症状はない・・もしかしてこれ最近大人に流行っている「咳喘息」ってやつかもなぁ・・と思い始めています。明日に出も医者に診てもらおう・・。
15895014_653454908167531_377145446921457751_n.jpg
 さて、そんな中ですが昨日は消防の出初式がありました。まぁとにかく寒いのなんの・・こんな時のスピーチは短いにこしたことはありません。30秒厳守。

 そして今日は成人式か。
 ここはね、短くとかではなくしっかりと体当たりで語りかけたい。特に今年はあの「津久井やまゆり園」での事件があったあとですから、社会とは何か、社会人とは何か、新成人の皆さんに問いかけてみたいと思います。
posted by おさだ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月07日

過失機

 いきものがかりがグループとしての活動を休止するそうですね。ファンの皆さんにとっては寂しいことですよね。でもしっかり充電して、また海老名ゆかりのグループとして頑張って欲しいもの。去年私は海老高の卒業式で偶然にサプライズライブに居合わせることができたのですが、これが去年一番の感動だったかも知れません。(コンサートには行けなかったので・・)グループでの活動を休んだら、むしろ地元には帰って来やすくなるのかな?もしそうだったら是非ちょくちょく海老名に帰ってきて欲しいですね。

 さて、年末年始の間に市民の皆さんから多くの相談や陳情を頂きました。4日から役所が始動していますので、5日あたりからそれらの対応にかかっているのですが・・・正月休みが終わったと思ったのにまた今日から三連休?んー、仕事がはかどらなくてちょっと困った感じですが、仕方が無い。それにしても日本人て、そんなに休日があって・・休みの日には何してる過ごしているんだろう? 余計なお世話か・・。みんなが暦通りに休めているわけではないでしょうからね。

 だいぶ寒さが厳しくなってきました。私は暮れにひいた風邪がいまだにスッキリしません。咳が出るので就寝中に加湿器をかけておいたら、朝布団がジトジトになってしまいました。(超音波加湿器って・・ただの霧吹き・・?)
 皆さん風邪をひかないように気を付けましょう。

 
posted by おさだ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月06日

静観

 昨日、日本政府の中枢にいるある人物と話をする機会がありました。食事をしながらの気楽な場でしたから、実によもやま話的な感覚で「トランプ」の話になりました。で、その人の言う事につくづく「そうだよな・・」と得心がいったのでご紹介します。

 つまり、現在のトランプという人は政治的には全くのシロウトであり、世界をめぐる政治の現実や米国内の諸情勢について見識を得ているわけではない。(確かにそうだ)ただ、周囲の人間から部分的な情報を刷り込まれ、それに反応してものを言っているだけ。(それもそうだ)例えば今日、トヨタ自動車がメキシコに工場を建設することを捕まえて「トヨタに高い関税をかけてやる」とツイートしたらしいが、それは世界の貿易協定に違反する行為で、できるわけの無いこと。(なるほど)そういうことをただ、個人的に発しているわけだが、これから大統領に就任して、実際に政務を執行すれば、大統領一人がいかに力んで地団駄を踏んでもどうにもなららい事がたくさんある現実に行き当たるはず。(へぇー、そりゃそうかも)その時彼がどういうふうに考えを変えるかを我が国は見極めれば良い。一年くらいはどっしりと構えて静観していれば良いのではないか。その前に彼に何かを伝えようとしても、見識が無いだけに意地になるばかりで何をしでかすか分からないから。

 んー。なるほどとてもシンプルで分かりやすい。

 ちなみに、トランプは低所得な白人層の不満を支持に変えて選挙に勝ったのだが、その不満の原因を移民問題や外国との貿易にすり替えている。しかし本質的な問題は米国内のあまりにも大きな所得の格差にある。ごく一部の者が富の9割を独占してしまうような米国の所得の再分配システムに問題にあることを知っているのか知らないのか・・それは不明だが、そのことに向き合わない限り、問題は解決しない。また低所得な白人層の支持を得続けることはできないだろう。

 確かにねー。アメリカの金持ちとか企業のトップの所得って一般労働者の何千倍って言いますからね。日本の場合は概ね20倍なんだそうです。新入社員の年収が250万円なら社長の年収は5000万円。これでも高いなぁ・・と感じるのに、日本の所得の格差は世界の中で最も少ない部類に入るのだそうです。それでも私たちの国内ではこの「所得格差が問題だ」と政策課題に挙げて取り組んでいるのだから、アメリカとは大違いですね。

 とりあえず、トランプについては「静観」ということで。 

posted by おさだ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感