2017年05月03日

自由民権

 今日は憲法記念日。あちこちで護憲・改憲の集会が開かれ、新聞にも様々な論評が掲載されています。私はやはり憲法は時代の要請に応じて改正されるべきであると考えており、9条の問題は大事ですがまずは緊急事態条項を加えることや、議会の選挙区や定数について、人口比だけでなく地域代表の性格を持たせることなど、より手の届きやすい問題から一つずつ改正に着手して行くことが大事だと思っています。

 さて、束の間ゴールデンウィークのお休みを頂きましたが、その中で神奈川の自由民権運動の発祥の地とも言える伊勢原の雨岳文庫を訪ねて参りました。
IMG_9397.JPG
 明治の初期、国会の開設や憲法の制定を求めて若者たちが集い、ロックやルソー、ベンサム、はたまたモンテスキューそんな西洋の思想を原書で読みあさり、口角泡を飛ばして議論を重ねた歴史が私たちのまちにもあるのです。ここ伊勢原上粕屋の地は山口左七郎氏によって相州では最初の民権結社「湘南社」が結成された場所であり、今も子孫の方たちが暮らしている古民家には当時の貴重な資料が残されています。
IMG_9395.JPG
 鎖国の眠りから覚め、西洋の思想に学び、近代国家の建設に向けて汗を流し知恵を絞った若者たちが、現代の停滞する憲法論議を見たらなんと思うことだろうか・・。
posted by おさだ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感