2017年09月04日

太陽と月

 秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの婚約発表会見を見ました。お互いに相手のことを太陽と月に例えて表現されていましたが、お二人とも若いのにしっかりとした人だなぁ、というのが会見を見ての私の率直な感想です。
 小室さんは相手の目を見てしっかりとお話をされ、眞子さまは理路整然とよどみなくお話される様子が印象的でした。特に将来の家庭像について問われ「新たに家庭を築くということは、なかなか想像の範囲に収まることではないと思いますが・・」という表現のしかたはすごいなと思いましたね「想像の範囲に収まることではない」ん〜、なかなか言えないよなぁ・・。「想像がつきません」「想像が及びません」くらいが普通なら精一杯では?そこを「範囲に収まらない」という表現をすることで、むしろ無限な想像の広がりを感じさせるみごとなフレーズですよね。

 さて、そんな皇室のご慶事のさなかに北朝鮮による核実験が行われました。大陸間弾道ミサイルと核弾頭の開発。もしも北朝鮮がこれに成功したならば、世界の緊張は一気に高まることになります。万が一この核がテロリストの手に渡るようなことがあったらどうでしょう?核を搭載したミサイルを日本に向けながら、戦後補償として兆円単位の要求をしてきたときに、私たちはどうするのでしょうか?それが現実の問題として想定の範囲に入って来たという事だと思われます。

 石油の輸出停止、北朝鮮と取引のある銀行の停止など、実効性の高い経済制裁が必要ですが、これらの9割がたを占める中国がどのような態度に出るのか、当然この措置を行なえば北の一般国民にも甚大な被害が及ぶことにもなります。

 しばらくは極度な緊張状態が続くと思われます。

posted by おさだ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感