2017年10月07日

ゆりノミクス!?

「まぁ強いて言えばゆりノミクスとでも言いましょうか・・」という小池さんの言葉には驚いたという言うか、笑えました。昨日希望の党が公約を発表しましたが、原発ゼロは自民党との違いを無理に出しただけ。消費税の増税凍結は、ただ難しい問題を先送りしようしているだけにしか思えないのですが、皆さんはどう思われたのでしょうか。あえてひとこと言わせて頂くなら「自民党の亜種」程度の政党を一つ作ろうとしているとしか私には思えません。

 ま、希望の党のことなどともかくも、自民党の議員である私は、自民党がどうあるべきか?これで良いのか?ということを考えることが大事だと他党の様子を見ていて気付かされます。というのは、消費増税の使い道を子育てや教育の無償化に充てることの是非を争点としてこの選挙に打って出たわけですが、これが本当に自民党の目指すべき政策なのか?と、我々は自らに問う必要があると感じています。少なくともこうしたことが党内の重要政策として議論が積みあげられ、選挙で是非を問うようなプロセスを踏んで来たかと言えばそんなことはありません。

 すでに選挙の公示を目前に控え、自公による安定政権を持続させることが非常に大事なことだと思うので、今、こうしたことをとやかく言うつもりはありませんが、心配なのは、自民党が選挙に勝つために、大衆に迎合する政党になってしまってはいないか?ということです。子育て支援も教育無償化も国民受けは良いですからね。
 とはいえ、子育ても教育も国家の基本をなす大事なことです。消費税という財源を確保することは決めても、それによって私たちの国にふさわしい教育や、未来への投資となるような子育てにつながる政策が実行できるのか?そこが大事です。そして犠牲にした財政再建はどうするのか?これから真摯に議論しなければならない事だと感じています。


posted by おさだ at 09:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感