2018年12月05日

生態系

 昨日は暖かかったですね。議会も窓を開けて涼む議員の姿がありました。もうすぐ季節は大雪だというのにこの暖かさ、地球という星はこれからどうなってしまうのでしょう。
 昨日の県議会では多くの議員がマイクロプラスチックによる海洋汚染について取り上げていました。人間は地球という星に寄生して生きているという話を聞いたことがありますが、確かに寄生していることを認識して、自分たちが住めなくなるまで星を荒らしてしまわないような意識を持たなければいけないような気がします。

 本会議が始まる前の時間、芦ノ湖でワカサギ漁をする人たちの代表の人の話を聞きました。芦ノ湖のワカサギは身体が小さくなり、大涌谷から流れ込む白濁した水によって生物が死んでしまう現象が起きているそうです。そして魚類の生態系の衰退についてきちっと県が調査し、適切な対策を講じて欲しいと要望されました。
IMG_4299.jpg
 夜は、県下全域で活動する行政書士の皆さんとの会合へ。行政書士会では高校の授業で「戸籍って何?住民票は?」そんな授業を展開してくれています。
IMG_4305.jpg
 さて、今日も議会へ行って来ます。

 
posted by おさだ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感