2018年12月30日

歳末

 韓国艦船による自衛隊機へのレーダー照射問題。現場の動画を公表した政府の対応について日本のマスコミが「安倍総理の強い意向」なんて書いているのを見ると、これも安倍批判に持って行くんですか?!と、何でもかんでも政権批判に結びつけようとするマスコミの姿勢にあきれてしまいます。
 軍事的なことですから、何でも公表すれば良いわけではなく、まして同盟国同志なのですから、両国がしっかりと話し合って事態の収拾に努めるべきこと。しかし韓国側の対応があまりにも誠実さを欠くものであるため、日本政府としては苦渋の決断の中で、客観的事実を公表して世論に訴えるという形を取らざるを得なかったということだと私は受け止めています。まして慰安婦問題も徴用工訴訟もまったく別次元の問題であり、ひとまとめにして問題をことさらに大きくするようなことは厳に慎むべきだと思います。

 今年もおしつまり、あと二日となりました。この時期お決まりの「今年の10大ニュース」を見ると、この一年がいかに災害と政財界を揺るがす事件の多かった年かということが実感できます。

今年最後の川柳
 はれのひに始まりゴーンと年の暮れ

 来年の今頃は、新元号の中で、いよいよ迎える東京オリンピック・パラリンピックに向けて、わくわくするような気持ちで新年を迎えたいものです。


posted by おさだ at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感