2019年04月18日

多選

 晩酌の時間などにテレビを点けてみると(たまにですが)、最近クイズ番組って多いですね。私はついついテレビに向かって出題に答えてしまう方で、当たって一人ドヤ顔、はずれてだんまり(笑)・・・みなさんはどうですか。

 昨日は歴史のある街の、商店街の路地にある町内会館で行われた個人演説会で応援演説。
 こうして選挙の応援に行くと、その街の風情とか人情みたいなものに触れることができて、とても居心地の良さを感じます。
IMG_5355.jpg
 さて、あちこちの首長選挙で「多選」ということが争点になるケースが目立ちます。かつて多選というだけで現職の首長がバタバタと落選した時代があって、その時代に多選批判を訴えて首長になった人たち自身が今は多選の状態になっているものですから、「なんだあいつは!」と、多選そのそものを争点にする対立候補が出るのも仕方がありません。しかし、そもそも多選自体は政策論ではありません。併せて今の市民は「安定」を求める傾向が強く、かつて長引く不況の中で世の中の刷新が求められたときとは時代が違うということを私は感じます。ですから・・・主張されている方には申し訳ありませんが「多選批判」というスローガンは残念ながら今の有権者の心には響かない。

 多選にしろ何にしろ、批判ではなく「私ならこうする」という政策と「私はこうしたい」という夢を語れるリーダーがどのまちにも現れてほしいものです。

posted by おさだ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感