2019年05月03日

改元の日と憲法記念日

 元号が改まり三日目を迎えました。
 新しい天皇が即位されたのですから、そのお方に注目があつまるのは仕方のないことですが、それにしても両陛下の一挙手一投足に国民の注目が集まり、フラッシュが浴びせられ、そればかりではなく「親しみを感じるか?」とあまりにもデリカシーのない世論調査までされて・・・。常人ではとても耐えられないことだなぁ・・と、新聞を読みながら感じます。まして、生まれたときからその宿命を背負い、逃れることはできないのですから・・そのご心境とはいかばかりかと・・やはりこれも私のような常人には想像もつかないことですが、ただひとえに我が国皇室の繁栄と、天皇皇后両陛下の安寧をお祈りするばかりです。

 今日は憲法記念日。陛下も仰せられた通り、この憲法の定めにより天皇は国民統合の象徴として存在しています。そして私たち国民は主権者として定められています。元号が改まって三日目に憲法について考える日が来る。考えてみれば五月一日をもって改元としたのは実によいタイミングだったのかもしれません。

 大型連休も後半、しばらく良い天気が続くようですね。
 

posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感