2019年05月21日

軽率

 今日は朝から荒れ模様の天気ですね。電車は通常通り動くだろうか・・皆さん気を付けてお出かけ下さい。

 黒岩知事の選挙が始まる前、県内自民党の国会や地方議員の事務所に選挙ポスターを貼る作業をやって欲しいと黒岩候補の陣営から要請がありました。選挙ポスターを貼る公営掲示板は県内に何万ヶ所もあるのだから、黒岩さんやその支援者だけではどうすることもできません。
 各議員の支援者は、仕事を休んでその作業にあたります。曲がった腰をのばして掲示板にポスターを貼ってくれたお年寄りもいます。自宅のタオルを持ち出して掲示板の雨水を拭いながら貼ってくれたご婦人もいます。

 そんな支援者に対して、黒岩知事の発言は失礼だったと私たちは思うのです。

 先日、神奈川自民党の大会が横浜で行われ、国会議員や地方議員のほか千人近い支援者も参加し、7月の参院選に向けて結束を誓い合いました。そんな厳粛なムードの会場に空気の読めない人がやって来て軽口をたたいてしまった。神奈川県知事の黒岩さん。丁寧に選挙のお礼を申し上げるべきだった。しかし、ウケを狙ったのでしょう、官房長官を「令和おじさん」と呼び、「今日は参院選の決起大会だけでいいんですか?」と、まさに黒岩さんのポスターを貼ったりして手伝った人たちが今一番気をもみ、神経をとがらせている同日選をおちゃらかすように言ってさっさと会場を出て行ってしまった。

 別に政策的な問題でも政治路線の食い違いでもない単なる「軽率な発言」ですから、今朝も新聞に書かれているように、政党として戒めのための抗議をします。それは親しい関係であるからこその気持ちの発露であり、前述したとおり、一生懸命黒岩さんの選挙を支えた党員の皆さんの気持ちをおもんばかるからなのです。

 黒岩知事なら理解してくれると思いますが・・。

posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感