2019年06月02日

半割れ

 夜9時、仕事を終えての家路。小学校前を通ると校庭で赤色灯が回っているのが目に入りました。
「まさか!火事」
 と思って車を寄せると、消防団の皆さんが大きな声を出しながら訓練の最中でした。
IMG_5631.jpg
 7月の操法大会に向けて練習をしているようです。
 
 先日の政務調査会で「半割れ」という言葉に出会いました。南海トラフ地震のこと。静岡沖から九州まで続く長い距離の南海トラフで岩盤が割れて大きな地震をもたらすのですが、その南海トラフは過去の地震の記録から半分ずつ時間差を持って震源になっていることが分かっているそうです。1854年には東海側(静岡)で地震が起きた32時間後に南海側(四国沖等)で地震が発生しているそうで。その震源域の岩盤の半分だけが割れて地震に至った状態を「半割れ」と呼び、その時点で残り半分側の人々に避難を呼びかけ、被害を軽減させようという計画が、政府によって進められ、この春その指針が定められました。その半割れの東側に近い私たち神奈川県でもこれに沿って早急に避難計画などを決めて行かなければなりません。

 東海地震は必ずやって来ます。ではいつ起きるの?といえば、今後30年以内に発生する確率が87%だそうです。ちなみに私が(あなたが)30年以内に交通事故で怪我をする確率は20%、火災で怪我をする確率は0.2%だそうで・・つまりこの大地震に遭う確率の方がはるかに高いわけです。

 消防団の皆様、おつかれさまです。いざ、という時の備えをどうかよろしくお願い致します。




posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感