2019年07月20日

気分も晴れず

 京都での放火事件だけはあまりに悲惨すぎて、テレビのチャンネルを合わすことができません。できることならば、こんなにも悲惨なできごとを知らぬまま人生を過ごしたい・・そんな思いにすらなります。

 参院選の投票日が明日に迫りました。
 今朝の読売朝刊で橋本編集委員が「あえて青い鳥を求めず」と題して若者に理想を求めず現実を醒めた目で見て投票して欲しい、と論じています。そして福沢諭吉が語ったという「政治とは悪さ加減の選択」という言葉も紹介しています。

 まぁ、そうなのかも知れないけれど・・。

 悲惨な放火事件と政治は悪さ加減の選択・・二つの情報に、今朝は気分が晴れません。

posted by おさだ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感