2019年07月25日

土用干し

 ようやく夏らしい陽射しが出るようになりましたね。
 海老名の水田を見ると水が干上がっています。
IMG_5848.jpg
 こんなに雨が多かったのになぜ?と思ってしまいますが、これは「土用干し」とか「中干し」と言われる水田作業の一環で、この時期にしばらく水を抜くことによって、稲が水を求めてぐっと根を延ばし、その後の生育をよくするのだそうです。

 さて、東京2020オリンピック・パラリンピックまでちょうど一年。これを機に都内では渋滞対策のための社会実験が昨日行なわれました。実はセーリング競技が行われる江の島周辺についても、選手村が置かれる大磯プリンスホテルとの動線において、選手等の移動に伴う交通渋滞が予想されています。ただでさえ夏の行楽シーズンで多くの人出がある湘南海岸ですし、海に面している国道はう回路がとりにくいなど、オリンピック開催中の交通対策は県にとっても県警にとっても頭の痛い問題です。色々対策は考えていますが、つまるところ国民の皆さんには「できるだけこの周辺にはマイカーでは近づかないで」とお願いし、ご協力頂くことが最も効果的な対策と思われます。

 各競技で代表選手の選出も始まりました。前出の土用干しではありませんが、かつて苦杯をなめた選手こそぐっと強くなっていたりするのでは・・そんな選手が活躍してくれることに期待したいと思います。


posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感