2019年08月03日

医療的ケア児

 数時間おきに痰の吸引をしたり、胃にミキサー食を送り込んであげるなど、常に医療的なケアを受けながら生活する子供たちとその家族の負担を軽減する。今とても大事な課題です。なぜなら新生児集中治療室の充実や医療の進歩によってこれまで救うことのできなかった赤ちゃんの命を救ってあげることができるようになり、その結果何らかの医療ケアを受けながら成長して行く子供たち(通称・医ケア児)が以前に比べ増えているからです。
IMG_5884.jpg
 昨日は県議会自民党の政務調査会のメンバーならびに、医療的ケアを必要とする子供たち、その家族の皆さんと国会をたずね、この問題に取り組んでいる野田聖子衆議院議員(予算委員長)のお話を伺ってまいりました。

 この問題に対する国の法改正や制度改正について色々と有意義な話を聞くことができましたので、これを9月定例会の代表質問に活かしていきたいと思っています。

 暑い、寒いと言っても仕方がありませんが・・でも、暑いですね。
 今日は地元で夏のご挨拶回りをする予定です。


 
posted by おさだ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感